Denodo Platform のモジュールで使用される既定のポート

以下の表は、Denodo Platform の各モジュールが接続のために利用する TCP/IP ポートを示しています。

以下に示しているものは、既定のポート番号です。これらの番号は、インストールプロセス中に変更することも、後で各モジュールの管理ツールで変更することもできます。

Denodo Platform のモジュールによって開かれる既定の TCP/IP ポート番号

サーバー

既定のポート

Virtual DataPort および ITPilot Wrapper Server

サーバーポート (Virtual DataPort Administration Tool および JDBC クライアント用)

9999

ODBC ポート

9996

JMX (監視) ポート

9997 (メインポート) および 9995

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

9998

ITPilot Browser Pool

サーバーポート

6001 および 6003

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

6002

Microsoft Internet Explorer ブラウザーの初期ポート

6100

Browser Pool はこのポートをリッスンして、開いている最初のブラウザーと通信します。追加のブラウザーが要求された場合は、連続する昇順のポート番号が使用されます。

たとえば、Browser Pool のサイズが 30 に設定されている場合、Browser Pool は 6001 から 6030 のポート範囲でリッスンします。

ITPilot Verification Server

サーバーポート

7001 および 7003

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

7002

ITPilot PDF Conversion Server

サーバーポート

8448

Scheduler Server

サーバーポート

8000 および 7998

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

7999

Scheduler Index Server

サーバーポート

9000 および 8998

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

8999

Denodo Platform Web コンテナー (Scheduler Administration Tool、ITPilot Administration Tool、Virtual DataPort の Web サービス、Data Catalog、および Diagnostic & Monitoring Tool)

Web コンテナーポート

9090 (HTTP 接続用)

9443 (HTTPS 接続用)

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

9099

JMX ポート (監視ツール用)

9098 および 9097

一部の Denodo サーバーでは、接続のリッスンに 2 つのポートが使用されます。両方のポートが必要で、サーバーがファイアウォールの背後にある場合は、両方のポートをファイアウォールで開いてクライアントアプリケーションから両方のポートに正常に接続できるようにする必要があります。

Denodo がファイアウォールの背後で実行されている場合は、そのファイアウォールで以下のポートを開きます。

  • 9999 : JDBC クライアントおよび Virtual DataPort の管理ツールから接続できるようにするために開きます。開発者は、管理ツールではなく Design Studio を使用して Denodo でビューを作成できます。その場合、アクセスする必要があるポートは 9090 と 9443 の一方または両方だけで、9999 にアクセスする必要はありません。

  • 9996 : Virtual DataPort の ODBC クライアントから接続できるようにするために開きます。

  • 9997 および 9995 : Virtual DataPort の監視インターフェイス (JMX) に接続できるようにするために開きます。これは、Solution Manager の Diagnostic & Monitoring Tool が接続できるようにするために必要です。また、Oracle Java Mission Control や JVisualVM などの JMX クライアントでも必要です。

  • 9090 : クライアントアプリケーションまたはブラウザーから Web アプリケーションおよび Web サービスへの HTTP 接続を可能にするために開きます。

  • 9443 : クライアントアプリケーションまたはブラウザーから Web アプリケーションおよび Web サービスへの HTTPS 接続を可能にするために開きます。HTTPS は既定で無効になっていますが、これを有効にして、HTTP の代わりに使用することを強くお勧めします。

その他のポートは、ローカルでアクセスされるため、ファイアウォールで開く必要はありません。たとえば、Scheduler Administration Tool は Scheduler Server に接続しますが、これらの管理ツールとサーバーは同じマシン上で実行されるため、ファイアウォールによってこれらの間のネットワークトラフィックが遮断されることはありません。