正常性の監視

Denodo Platform または Solution Manager をロードバランサーの背後または Kubernetes クラスター上にデプロイした場合、これらのコンポーネントが稼働していることを確認しなくてはならない場合があります。

ここでは、Denodo Platform および Solution Manager のコンポーネントが「稼働している」ことを確認する方法について説明します。このページには、Denodo Platform のコンポーネント用の表、および Solution Manager のコンポーネント用の表が掲載されています。一部のコンポーネントは、両方に含まれており、その場合、コネクションをリッスンするポートのみを変更すれば稼働を確認できます。

Denodo Platform のコンポーネント

説明

Virtual DataPort および Web コンテナー

Virtual DataPort および Web コンテナーを検査するには、ビューを作成し (CREATE OR REPLACE VIEW ping_query_view AS SELECT 1 など)、以下の RESTful Web サービスを使用してクエリを実行します。

https://denodo-server.acme.com:9443/denodo-restfulws/admin/views/ping_query_view?$format=json

Virtual DataPort と Web コンテナーが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。

スクリプト <DENODO_HOME>/bin/ping -q <query> を使用して Virtual DataPort の稼働を確認する方法もあります。ただし、Web コンテナーが動作しているかどうかは確認できません。以下に例を示します。

<DENODO_HOME>/bin/ping.sh -v -t 30000 -q "SELECT 1" -l monitor_user
-p "encrypted:UjOsIu8972jviqGpcLP3Mg==" //denodo-server.acme.com/admin

詳細については、「 Virtual DataPort サーバーが稼働中かどうかの確認方法 」 (Virtual DataPort 管理ガイド) を参照してください。

Data Catalog

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:9443/denodo-data-catalog/Ping

Data Catalog が稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。応答の本文は空です。

Design Studio

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:9443/denodo-design-studio/Ping

Design Studio が稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。応答の本文は空です。

Diagnostic & Monitoring Tool

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:9443/diagnostic-monitoring-tool/Ping

このツールが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。

Scheduler

Scheduler の ping スクリプト (<DENODO_HOME>/tools/scheduler/ping) を使用してください。

Scheduler Administration Tool

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:9443/webadmin/denodo-scheduler-admin/Ping

このツールが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。

Scheduler Index サーバー

Scheduler Index の export スクリプト を使用して、このコンポーネントとのコネクションを検証します。

Solution Manager のコンポーネント

説明

Design Studio

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:19443/denodo-design-studio/Ping

Design Studio が稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。応答の本文は空です。

Diagnostic & Monitoring Tool

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:19443/diagnostic-monitoring-tool/Ping

このツールが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。

License Manager

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:10091/pingLicenseManager

このサービスが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。詳細については、「 License Manager サーバーへの ping の実行 」を参照してください。

Scheduler Administration Tool

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:19443/webadmin/denodo-scheduler-admin/Ping

このツールが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。

Security Token サーバー (Denodo SSO)

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:19443/sso/ping

このサービスが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。

Solution Manager

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:10090/pingSolutionManager

このツールが稼働している場合、この URL は HTTP ステータスコード 200 を返します。詳細については、「 REST API 」を参照してください。

Solution Manager Administration Tool

HTTP リクエストを次のエンドポイントに送信します。

https://denodo-server.acme.com:19443/solution-manager-web-tool/Ping

Virtual DataPort および Web コンテナー

Virtual DataPort および Web コンテナーを検査するには、ビューを作成し (CREATE OR REPLACE VIEW ping_query_view AS SELECT 1 など)、以下の RESTful Web サービスを使用してクエリを実行します。

https://denodo-server.acme.com:19443/denodo-restfulws/admin/views/ping_query_view?$format=json

Virtual DataPort と Web コンテナーが稼働している場合、このエンドポイントは HTTP ステータスコード 200 を返します。

スクリプト <DENODO_HOME>/bin/ping -q <query> を使用して Virtual DataPort の稼働を確認する方法もあります。ただし、Web コンテナーが動作しているかどうかは確認できません。以下に例を示します。

<DENODO_HOME>/bin/ping.sh -v -t 30000 -q "SELECT 1" -l monitor_user
-p "encrypted:UjOsIu8972jviqGpcLP3Mg==" //denodo-server.acme.com:19999/admin

詳細については、「 Virtual DataPort サーバーが稼働中かどうかの確認方法 」 (Virtual DataPort 管理ガイド) を参照してください。

上記のコンポーネントで HTTPS を有効にしなかった場合、以下を考慮してください。

  • Denodo Platform のインストールでは、HTTP ポートはデフォルトで 9090 です。

  • Solution Manager のインストールでは、HTTP ポートはデフォルトで 19090 です。