同時要求の最大数の増加

Denodo Platform には Apache Tomcat Web コンテナーが組み込まれており、特に Virtual DataPort が SOAP および REST Web サービスを展開する際に使用されます。これらの Web サービスで多数の同時要求を受信することが見込まれる場合は、要求数に対応するために、Tomcat によって作成されるスレッドの最大数を増やすことを検討してください。これを行うには、次の手順に従います。

  1. ファイル <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/server.xml を開きます。

  2. 属性 maxThreads を見つけ、その既定値 ( 150 ) をこれより大きな数値に置き換えます (たとえば、 300 )。

    maxThreads 属性は 2 か所にあります。1 つは非 SSL コネクター 用で、もう 1 つは SSL コネクター 用です。それぞれに異なる値を指定できます。

  3. Administration Tool から、以下を行います。

    1. [Administration] メニュー > [Server configuration] から Concurrent Requests ウィザードを開きます。

    2. [Limit concurrent requests] が [On] になっている 場合 、[Max concurrent requests] の値が maxThreads 属性の値と同じかそれより大きいことを確認します。そうなっていないと、Tomcat は要求を処理しますが、Virtual DataPort は要求に対応できなくなります。

      Tomcat で SSL を有効にした場合、[Max concurrent requests] の値は、非 SSL コネクターと SSL コネクターの maxThreads 属性の値の合計と同じかそれより大きくする必要があります。

  4. これらの変更を適用するには、Virtual DataPort Server とすべての Denodo 管理ツールを停止します。すべてが停止した後に、再びそれらを起動します。

受信要求の実行中には受信要求ごとに 1 つのスレッドが必要です。Tomcat は、使用可能な要求処理スレッド数より多くの同時要求を受信した場合、 maxThreads の値を上限として追加のスレッドを作成します。Tomcat がさらに多くの同時要求を受信した場合、それらの要求は Connector 要素の acceptCount 属性の値を上限として積み重ねられます。さらに多くの同時要求があった場合、それらの同時要求は「接続拒否」エラーを受け取ります。