Kerberos レルムに属することなく Data Catalog において Kerberos 認証を利用する

Data Catalog は、Kerberos レルム (Windows Active Directory ドメインなど) によって指定されている認証方法を使用できます。これは、Data Catalog が実行されているサーバーがそのレルムに参加しない場合でも可能です。これを行うには、いくつかのプロパティを Denodo 構成スクリプトに追加する必要があります。以下の手順に従って実施してください。

  1. Denodo Control Center を開きます。

  2. [Configure] をクリックします。

  3. [JVM Options] をクリックします。

  4. [Web Container] ボックスに以下のテキストを追加します (このフィールドの既存の内容は削除 しない でください)。

-Djava.security.krb5.realm=<domain realm> -Djava.security.krb5.kdc=<Key distribution center 1>[:<key distribution center>]+

以下に例を示します。

-Djava.security.krb5.realm=CONTOSO.COM -Djava.security.krb5.kdc=dc-01.contoso.com

ドメインにキー配布センター (kdc) が複数ある場合は、各 kdc をコロン (:) で区切って java.security.krb5.kdc プロパティに追加します。たとえば、以下のようになります。

-Djava.security.krb5.realm=CONTOSO.COM -Djava.security.krb5.kdc=dc-01.contoso.com:dc-02.contoso.com
  1. これらの変更を適用するために、Denodo Platform のすべてのサーバーを停止し、すべて停止したら再度起動します。

    Denodo Web コンテナーも停止するよう、すべてを停止することが重要です。たとえば、Data Catalog を起動したままにしておいた場合、Web コンテナーはシャットダウンせず、これらの変更が適用されません。


Data Catalog サーバーが「ヘッドレス」ホスト (つまり、GUI に対応していないホスト) で実行されている場合、Control Center を起動できません。代わりに、Kerberos システムプロパティを設定するために、以下の操作を行います。

  1. <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/tomcat.properties ファイルを編集します。

  2. java.env.DENODO_OPTS_START プロパティに、 java.security.krb5.realm プロパティおよび java.security.krb5.kdc プロパティを、前述の値を指定して追加します。

  3. <DENODO_HOME>/bin/regenerateFiles.sh を実行します。

  4. これらの変更を適用するために、すべての Denodo Platform サーバーを停止し、すべて停止したら再度起動します。Denodo Web コンテナーも停止するよう、すべてを停止することが重要です。たとえば、Data Catalog を起動したままにしておいた場合、Web コンテナーはシャットダウンせず、これらの変更が適用されません。

前述のように、これらの手順は、Data Catalog サーバーのインストール環境でのみ実行する必要があります。

これらの手順を実行した後、Kerberos 認証を使用するように Data Catalog を構成します。その手順については、『Data Catalog Administration Guide』の「 Kerberos 構成 」を参照してください。