コマンドラインからの JVM パラメーターの構成

GUI に対応しているホストでは、Denodo Control Center を使用して、各 Denodo サーバーの起動に使用する Java 仮想マシン (JVM) のパラメーターを変更できます (「 Denodo Platform の構成 」を参照してください)。一方、「ヘッドレス」環境 (つまり GUI に対応していない環境) ではこれを行うことはできません。

GUI に対応していないホストでこれらのパラメーターを変更するには、以下の手順に従います。

  1. 以下の表の「 構成ファイル 」の列に示されている各ファイルの java.env.DENODO_OPTS_START プロパティには、各サーバーの起動時に Java Runtime Environment (JRE) に渡されるパラメーターが含まれています。

    注釈

    文字 : は、文字 \ でエスケープする必要があります (たとえば、 -XX\:NewRatio\=4 )。

JVM パラメーターを変更するために修正するプロパティ

コンポーネント

構成ファイル

Virtual DataPort Server

ITPilot Wrapper Server

<DENODO_HOME>/conf/vdp/VDBConfiguration.properties

ITPilot Browser Pool

<DENODO_HOME>/conf/iebrowser/IEBrowserConfiguration.properties

ITPilot Verification Server

<DENODO_HOME>/conf/maintenance/ConfigurationParameters.properties

Scheduler Server

<DENODO_HOME>/conf/scheduler/ConfigurationParameters.properties

Scheduler Index Server

<DENODO_HOME>/conf/arn-index/ConfigurationParameters.properties

Web コンテナー

<DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/tomcat.properties

  1. 以下のコンポーネントのいずれかが接続を行うホスト名を変更するには、「 構成ファイル 」の列に示されているファイルを編集して「 修正するプロパティ 」に示されているプロパティに変更を加えます。

    たとえば、Virtual DataPort Server の場合、 <DENODO_HOME>/conf/vdp/VDBConfiguration.properties を編集して、 com.denodo.vdb.vdbinterface.server.VDBManagerImpl.registryURL の値を denodo-dv1-prod.contoso.com に変更します。

RMI ホストを変更するために修正するプロパティ

コンポーネント

構成ファイル

修正するプロパティ

Virtual DataPort Server

ITPilot Wrapper Server

<DENODO_HOME>/conf/vdp/VDBConfiguration.properties

com.denodo.vdb.vdbinterface.server.VDBManagerImpl.registryURL

Scheduler Server

<DENODO_HOME>/conf/scheduler/ConfigurationParameters.properties

Launcher/registryURL

  1. スクリプト <DENODO_HOME>/bin/regenerateFiles.sh を実行します。

    このスクリプトによって、各コンポーネントを起動するスクリプトが再生成されます。

次回、いずれかの Denodo サーバーを起動すると、それらのサーバーは新しいパラメーターを使用して実行されます。

RMI ホストまたは JVM プロパティを変更する場合は、スクリプト regenerateFiles.sh の実行のみが必要です。