Denodo Platform の構成

[ Configure ] をクリックすると、[Denodo Platform Control Center] の構成画面が開きます。この画面では以下の操作を行えます。

  • Denodo Platform サーバーおよびツールの実行に使用する Java 仮想マシン (JVM) の選択

  • 各 Denodo サーバーおよびツールの起動に使用する JVM パラメーターの構成

  • ライセンスファイルのインストールまたは Denodo License Manager へのアクセスの構成

  • Denodo Security Token Authentication の構成

  • Denodo の組み込み Web コンテナーが接続のために利用するポートの選択

    注釈

    すべてのエディションの Denodo Platform (標準またはクライアント) ですべてのオプションが利用可能なわけではありません。


Denodo Platform サーバーの実行に使用する Java 仮想マシン (JVM) を選択するには、[ Configure ] をクリックしてから、[ Edit ] をクリックします。表示されるダイアログで、システムに存在する JVM の中から Denodo Platform サーバーの実行に使用するものを追加できます。Denodo サーバーは、リストから選択された JVM を使用して実行されるようになります。

JVM を変更することはできますが、 denodo-install-8.0.zip インストーラー (Java Runtime Environment (JRE) が含まれていません) を使用した場合を除き、「Denodo (Internal JVM)」を使用して Denodo サーバーを実行することをお勧めします。


各 Denodo サーバーの JVM オプションを構成するには、[Configure] をクリックしてから、[JVM options] をクリックします。表示されるダイアログには次の 2 つタブがあります。

  1. Memory options : このタブでは、各 Denodo サーバーの JVM パラメーターを変更できます。グラフィック非対応のホストでこれらのパラメーターを変更する方法については、「 コマンドラインからの JVM パラメーターの構成 」のセクションで説明しています。

  2. RMI host : このタブでは、Denodo Platform の各サーバーの RMI ホスト名を構成できます。これは、Denodo サーバーが実行されるホストが複数のネットワークインターフェイスを備えている場合に変更する必要があります。そのような場合、対象のサーバーに接続する必要のあるクライアントで表示可能なネットワークインターフェイスを (IP アドレスまたはホスト名として) 指定する必要があります。

    Denodo サーバーが Linux で実行される場合は、常にこれを行う必要があります。

    詳細については、「 Virtual DataPort のホスト名の設定 」を参照してください。

両方のタブで、各フィールドの横にはボタン ( image0 ) があり、既定値に戻す際に使用できます。[Ok] ボタンをクリックすると、構成の変更が保存され、影響を受けるプログラムの次回の起動時にその変更が適用されます。


Denodo の組み込み Web コンテナーが接続のために利用するポートを構成するには、[Configure] をクリックして、[ HTTP port number ]、[ Shutdown port number ]、および [ Auxiliary port number ] に目的のポート番号を入力します。

これらのポートの構成には、Virtual DataPort Administration Tool を使用することもできます (これを行う方法については、『Virtual DataPort Administration Guide』の「 Server Configuration 」を参照してください)。


License Manager への接続の構成

Denodo サーバーコンポーネント (Virtual DataPort や Scheduler など) は、起動時に License Manager にライセンスを要求します。また、そのライセンスが引き続き有効であることを確認するための要求を License Manager に定期的に送信します。これらのサーバーコンポーネントは、License Manager に接続できないと起動できません。

Denodo Platform のインストール時に、License Manager への接続詳細を指定しなかった場合は、以下の手順に従ってください。

  1. GUI に対応しているホストの場合は、以下の操作を行います。

    1. Control Center を開きます。

    2. 対象の Denodo インストール環境のすべてのサーバーおよび Web アプリケーションを停止します。

    3. [ Configure ] をクリックします。

    4. [ LICENSE CONFIGURATION ] セクションで、[ Host ] と [ Port ] にそれぞれ License Manager のホスト名とポート番号を入力します。

    5. License Manager で SSL/TLS を有効にしていた場合は、[ License Manager uses SSL/TLS ] チェックボックスをチェックします。

    6. Control Center を再起動します。

  2. GUI に 対応していない ホストの場合は、以下の操作を行います。

    1. 対象の Denodo インストール環境のすべてのサーバーおよび Web アプリケーションを停止します。

    2. Control Center を終了します。

    3. ファイル <DENODO_HOME>/conf/SolutionManager.properties を編集します。

    4. License Manager で SSL/TLS を有効にしていた場合は、プロパティ com.denodo.license.security.ssl.enabled をコメント解除 してから true に設定します。

    5. Control Center を起動します。

Denodo Express を使用している場合、License Manager は使用できません。この場合は、[ Use a license file ] を選択し、[ Browse... ] をクリックして、Denodo から取得した Denodo ライセンスが含まれるファイルを選択します。ライセンスの変更を適用するために、すべてのサーバーとツールの再起動が必要になります。