自動検証データベース

ITPilot Verification Server は、リレーショナルデータベースを使用してラッパーの実行に関する情報を保存し、ソースが変化したり、ラッパーが正常な動作を停止したりした場合に検出できるようにします。ITPilot は、この目的で使用できる組み込み Apache Derby データベースを備えています。組み込みデータベースを使用する場合、このセクションの操作は必要ありません。

外部の JDBC データベース管理システムを使用することもできます。ITPilot の現在のバージョンでサポートされているデータベースは MySQL と Oracle です。

ITPilot は、パス <DENODO_HOME>/scripts/itpilot/sql において、それらのデータベース管理システムのテーブルを作成するスクリプトを提供しています。この目的で外部データベースを使用する場合、データベースをインストールして、そのデータベースで、対応するテーブル作成スクリプトを実行する必要があります。