JMS コネクターをインストールしての、SOAP Over JMS を使用する JMS リスナーと Web サービスの作成

JMS サーバーに接続するには、そのコネクターをインストールする必要があります。JMS コネクターは、Denodo Platform にコピーする必要がある一連の jar です。以下のいずれかを実行する場合、この作業が必要となります。

  • JMS リスナーの作成 : 『Virtual DataPort Administration Guide』の「 JMS Listeners 」を参照してください。JMS リスナーを作成する場合、以下の手順を実行します。

    1. Administration Tool を使用して、管理者アカウントでログインします。

    2. [ File ] メニュー > [ Extensions management ] をクリックします。

    3. [ Libraries ] タブをクリックして、[ Import ] をクリックします。

    4. 新しいダイアログの [ Resource type ] で、[ jar ] を選択します。

    5. [ Add ] をクリックして、ファイルを 1 つまたは複数選択します。複数のファイルを選択するには、Ctrl キーを押しながら各ファイルを選択します。

    6. [ OK ] をクリックして、ファイルを Virtual DataPort にアップロードします。

  • SOAP over JMS を使用する Web サービスの作成 : 『Virtual DataPort Administration Guide』の「 JMS Listeners 」を参照してください。

    SOAP over JMS オプションが有効な Web サービスを公開し、Denodo Platform の組み込み Web コンテナーに展開する予定の場合、JMS サーバーのクライアント jar を <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/lib ディレクトリにコピーします。

    SOAP over JMS オプションが有効な Denodo Web サービスを展開するには、外部アプリケーションサーバーで、生成した war ファイルを展開する前に、その /WEB-INF/lib ディレクトリに JMS クライアント jar をコピーします。

JMS クライアント Jar

このセクションでは、広く使われている JMS サーバーのクライアント jar をリストします。これらの jar は製品のインストールに含まれているので、前述のいずれかのディレクトリにコピーできます。

ベンダー

ベンダーのインストール環境でのこれらの Jar の場所

Virtual DataPort にアップロードする必要がある Jar

Apache ActiveMQ

<ACTIVE_MQ_HOME>/lib

activemq-broker.jar

activemq-client.jar

activeio-core.jar

geronimo-spec-j2ee-management.jar

hawtbuf.jar

IBM WebSphere MQ 7.0

<WEBSPHERE_MQ_HOME>/java/lib

com.ibm.mq.jar

com.ibm.mqjms.jar

com.ibm.mq.jmqi.jar

dhbcore.jar

fscontext.jar

jta.jar

providerutil.jar

IBM WebSphere MQ 8.0

<WEBSPHERE_MQ_HOME>/java/lib

com.ibm.mq.jar

com.ibm.mqjms.jar

com.ibm.mq.jmqi.jar

fscontext.jar

providerutil.jar

Progress SonicMQ MQ 8.0

<SONIC_MQ>/Sonic/MQ8.0/lib

mfcontext.jar

sonic_Client.jar

sonic_Crypto.jar

sonic_XA.jar

sonic_XMessage.jar