組み込み Web コンテナー

Denodo Platform には Apache Tomcat Web コンテナーが組み込まれています。これは特に、Data Catalog などの一部の Denodo Platform 管理ツールを展開する際に使用されます。

インストールウィザードの手順 2 で [ Custom Installation ] を選択した場合、Web コンテナーの以下の項目を構成できます。

  • HTTP port number : Web コンテナーが着信要求をリッスンするポートです。

  • Shutdown port number : Web コンテナーがシャットダウン要求をリッスンするポートです。

  • JMX management port number : Web コンテナーが Denodo Monitor、Java VisualVM、JConsole などの JMX 監視ツールからの要求をリッスンするポートです。さらに、Denodo Platform の他のモジュールが、Denodo Administration Tool や Web サービスのデプロイ/アンデプロイなどの要求を Web コンテナーに送信する場合にも使用されます。

  • Auxiliary management port number : Web コンテナーが、クライアント、つまり JMX 監視ツールや Denodo Platform の他のモジュールと通信するために使用する補助ポートです。