ログ構成

サーバーのログ構成ファイルのパスは、 DENODO_HOME/conf/scheduler です ( DENODO_HOME には基本インストールパスを指定します)。これらのファイルは、 Apache Log4j 2 をベースとしています。これらのファイルではさまざまなことができますが、その 1 つとして、 ログ ファイルの保存先のパスと、アプリケーションに定義されたカテゴリの ログ レベルを変更することができます。詳細については、Log4j のドキュメントを参照してください。

また、Web 管理ツールには、このアプリケーションによって生成されるイベントの登録レベルを設定するための構成ファイル log4j2.xml が用意されています。このファイルは、 DENODO_HOME/resources/apache-tomcat/webapps/webadmin/denodo-scheduler-admin/WEB-INF/classes ディレクトリにあります。

デフォルトでは、Scheduler サーバーはすべてのトリガーの失敗 (Scheduler がシャットダウンしているためトリガーが時間どおりに実行されない場合や、Quartz のスレッドプールに利用可能なスレッドが存在しない場合) をログに記録します。トリガーの実行の開始と終了もログに記録する場合 (これは、スケジューリング方法のテスト時に、ジョブが実際にいつ起動されるのか、または予定どおりに実行されないことがあるのかを分析するのに役立ちます)、ログカテゴリ com.denodo.scheduler.core.server.quartz.pluginserror ではなく debug に変更する必要があります。

Scheduler サーバーは、ログメッセージを <DENODO_HOME>/logs/scheduler/scheduler.log ファイルに保存します。

Scheduler 管理ツールは、ログメッセージを <DENODO_HOME>/logs/scheduler/scheduler-admin.log ファイルに保存します。