バックアップのインポート/エクスポート

インポート

Scheduler は、サーバーのメタデータを含むファイルからの、サーバー構成、プロジェクト、プラグイン、および JDBC アダプターのインポート機能を備えています。

  • ZIP ファイル: Scheduler バックアップファイルのパスを入力します。つまり、メタデータを再作成するためのエレメントを含むファイルです。[Export environment specific properties] オプションを有効にしてメタデータをエクスポートした場合、生成される zip ファイルの内部にはプロパティファイルがすでに含まれています。そのため、zip ファイル内のプロパティを指定したファイルのプロパティで上書きする場合を除き、プロパティファイルを指定する必要はありません (次のオプションを参照)。

  • プロパティファイル (オプション): [Export environment specific properties] オプションを無効にしてメタデータをエクスポートしてあり、インポートする zip ファイルにそれらのプロパティが含まれていない場合 (またはそれらを上書きする場合)、 .properties ファイルのパスを入力します。このオプションで選択したファイル内のプロパティは、zip ファイルに含まれているプロパティより優先されます。

次に、[Data import] ダイアログに、そのファイルに含まれているプロジェクトとそのエレメントのツリーが表示されます。チェックボックスを使用して、インポートする内容を個々に選択します。既存のエレメント (ジョブ、データソース、プラグイン、およびドライバー) が存在する場合、インポートされたファイルに含まれているエレメントに置き換えられるエレメントの種類を選択できます。これは、移行やバックアップを行うときに便利です。また、Denodo Scheduler には、メタデータをインポートするためのスクリプトも用意されています (付録「 バックアップのためのインポート/エクスポートスクリプトの使用 」を参照)。

エクスポート

Scheduler は、プロジェクト (およびそのデータソースとジョブ)、プラグイン、JDBC アダプター、およびサーバー構成のエクスポートをサポートしています。これは、移行やバックアップを行うときに便利です。Scheduler は、現在のサーバーメタデータを復元するために必要なすべての情報が含まれる zip ファイルを生成します。エクスポートするエレメントを選択することができます。

  • すべてのプロジェクト (およびそのすべてのエレメント)。エクスポートする一連のリソース (エクスポートされるプロジェクトのエレメントによって使用される、サーバー構成、プラグイン、および JDBC アダプターのいずれか) を選択します。

  • 単一のプロジェクトまたは一連のプロジェクト。各プロジェクトの一連のエレメント (データソースとジョブ) と、エクスポートするリソース (エクスポートされるプロジェクトの選択されたエレメントによって使用される、サーバー構成、プラグイン、JDBC アダプターのいずれか) を選択します。

  • [Export dependencies] オプションをチェックすることで、選択されたアイテムが依存するエレメントを含めることができます。たとえば、データソース「DS1」を使用して構成されているジョブ「Job1」をエクスポートするよう選択し、データソース「DS1」はエクスポート対象として選択しなかった場合、このオプションが有効になっていると、データソース「DS1」がエクスポートファイルに自動的に含まれます。

  • [Export roles and permissions] オプションをチェックすることで、各ロールに割り当てられているアクセス許可を含めることができます。(エクスポート対象として) 選択されていないプロジェクトとジョブに割り当てられているアクセス許可はエクスポートファイルに含まれません。

[Export with properties] オプションをチェックすることで、環境依存プロパティ (データソースのコネクションデータなど) を別のプロパティファイルに個別にエクスポートできます。その場合、以下の 2 つのファイルを含む zip ファイルが生成されます。

  • バックアップ ( .zip ファイル)。環境に依存するパラメーターの値は、実際の値ではなく変数です。

  • 変数の値が含まれるファイル (拡張子 .properties )。

このオプションを使用すると、さまざまな環境におけるメタデータのエクスポートとインポートがより簡単になります。

このプラットフォームには、自動バックアップコピーを実行するスクリプトも用意されています (付録「 バックアップのためのインポート/エクスポートスクリプトの使用 」を参照)。機密データ (パスワードなど) はバックアップファイル内で暗号化されます。