ping スクリプトの使用

スクリプト ping は Scheduler サーバーが正常に稼働していることを確認します。このスクリプトは、プラットフォームの tools/scheduler ディレクトリで使用でき、 ping.sh (Linux システム用) と ping.bat (Windows システム用) の 2 つのバージョンが提供されています。

構文は以下のとおりです。

ping スクリプトの使用
ping [-t timeout] [-h host] [-p port] [-l login] [-P password] [-a authType] [-v]
  • -t: オプション。応答を待機する時間 (ミリ秒単位)。この期間が経過すると、スクリプトは応答を受信せず、エラーを返します。

  • -h: オプション。サーバーが稼働しているホスト。指定されない場合、スクリプトはデフォルトの Scheduler ホストである localhost にリクエストを送信します。

  • -p: オプション。サーバーが稼働しているポート。指定されない場合、スクリプトはデフォルトの Scheduler ポートである 8000 にリクエストを送信します。

  • -l: オプション。サーバーのユーザーログイン。指定されない場合、スクリプトはデフォルトの Scheduler ローカル管理ユーザーである admin を使用します。

  • -P: オプション。サーバーのユーザーパスワード。指定されない場合、スクリプトはデフォルトの Scheduler ローカル管理パスワードである admin を使用します。先頭に encrypted: を付加することで、暗号化されたパスワードを入力できるようになります (パスワードを暗号化するには encrypt_password スクリプトを使用します)。

  • -a: オプション。認証のタイプ: local または vdp 。指定されない場合、スクリプトは local 認証を使用します。

  • -v: オプション。指定されている場合、スクリプトはステータスと、サーバーから応答を取得するのにかかる時間を表示します。

ステータスチェックの結果が問題なければ、ping スクリプトは 0 を返します。それ以外の場合は、 1 を返します。

ping コマンドの実行例を以下に示します。

例 1:

ping -t 1000 -v

タイムアウト 1 秒の詳細モードで、ping リクエストを localhost とポート 8000 に送信します。

例 2:

ping myMachine

ping リクエストを myMachine に送信します。ポートが設定されていないため、スクリプトはリクエストをデフォルトポートの 8000 に送信します。

例 3:

ping -t 9000 -l admin -P encrypted:UjOsIu8972jviqGpcLP3Mg== -h localhost -p 5999

タイムアウト 9 秒で、ping リクエストを localhost とポート 5999 に送信します。コマンド encrypt_password.bat mypassword を実行してパスワードが暗号化されました。