CSV データソース

パラメーター化クエリを使用して作成された VDP ジョブで値を変数に割り当てるために CSV ファイルをデータソースとして使用するには (「 VDP 抽出セクション 」のセクションを参照)、そのファイルを参照する CSV データソースを定義する必要があります。

CSV データソースを作成する場合は、以下のパラメーターを指定する必要があります。

  • File: ファイルへのパス。チェックボックス

  • [Upload to server] がチェックされているかどうかによって (デフォルトではチェックされています)、ファイルがサーバーにアップロードされるかどうかが決まります。チェックされていない場合、ユーザーは、ファイルが保存されるサーバーのローカルパス (絶対パスまたは $DENODO_HOME の相対パス) を指定する必要があります。[Upload to server] チェックボックスがチェックされていない状態で作成された CSV データソースが参照する CSV ファイルは、親プロジェクトのエクスポート時に ZIP ファイルに含まれないことに注意してください。

  • Separator: ファイルタプルを取得するために使用される列区切り。タプル区切りは、キャリッジリターンであると想定されます。

注釈

サーバーにアップロードされる CSV ファイルの最大サイズは 100 MB です。

注釈

CSV ファイルにはヘッダー行が含まれている必要があります。