VDP データソース

VDP データソースは Denodo Virtual DataPort サーバーにアクセスするために使用できます。VDP ジョブを作成するには、このタイプのデータソースを作成する必要があります。指定するパラメーターは、以下のとおりです。

  • Connection URI: サーバーへのコネクション URI。

  • Username: Virtual DataPort サーバーに接続するためのユーザー名。

  • Password: 指定したユーザーに関連付けられたパスワード。

  • Use Kerberos (オプション): このオプションをチェックすると、Scheduler サーバーと VDP との間のコネクションで Kerberos 認証が使用されます (Kerberos サーバーによる認証のために提供されたログインとパスワードを使用)。この Scheduler サーバーが稼働しているホストが Kerberos レルムに属していない場合は、「 データベースメタデータ設定 」のセクションの手順に従ってください。

  • Query timeout (オプション): Scheduler がステートメントの完了を待つ最大時間 (ミリ秒)。この値が指定されていない場合 (または値 0 を受け取った場合)、Scheduler は実行が完了するまで待機します (デフォルトは 0)。

  • Chunk size (オプション): 結果のチャンクを構成する結果の数。Virtual DataPort は、結果をこの数だけ取得すると、 チャンクのタイムアウト に達していなくても Scheduler に結果を返します (デフォルトは 100)。

  • Chunk timeout (オプション): Scheduler が新しい結果のチャンクの到着を待つ最大時間 (ミリ秒)。この時間を超過すると、Virtual DataPort はその時点までに抽出された結果を返します。この値が指定されていない場合 (または値 0 を受け取った場合)、Virtual DataPort はステートメントの実行終了時にすべての結果をまとめて返します (デフォルトは 0)。

  • Enable pool (オプション): このチェックボックスをチェックすると、Virtual DataPort サーバーに対してコネクションプールの使用を有効にすることができます。その場合、プールに以下のパラメーターを指定できます。

    • Initial pool size (オプション): プールの初期化に使用するコネクション数。指定された数のコネクションが「アイドル」状態で確立および作成され、いつでも使用できるようになります。

    • Maximum active connections in the pool (オプション): プールが同時に管理できるアクティブなコネクションの最大数 (ゼロは無制限を意味)。

    • Maximum idle connections in the pool (オプション): アイドル状態のままにしておくことができるアクティブなコネクションの最大数 (ゼロは無制限を意味)。

    • Maximum time to wait for a connection from the pool (ms) (オプション): プールが使い果たされたときにアイドル状態のオブジェクトを待つ最大時間 (-1 は無制限を意味)。

    • Validation query (オプション): キャッシュされたコネクションのステータスを確認するためにプールが使用する SQL クエリ。これは単純なクエリでなければならず、対象のテーブルが存在していなければなりません (例: select * from dual())。

    • Test connections (オプション): このオプションをチェックすると、プールはコネクションを返す前に各コネクションの検証を試みます。コネクションが有効でない場合 (管理システムを再起動する場合や、コネクションが閉じられている場合など)、そのコネクションはプールから除外され、新しいコネクションが作成されます。