インストールおよび実行

Denodo Platform Installation Guide 」には、ハードウェアとソフトウェアの最低要件、インストールツールの使用手順、初期システム構成をはじめとする、Denodo Scheduler をインストールするために必要な情報がすべて記載されています。

Denodo Scheduler には、3 つのコンポーネントがあります。

  1. Scheduler サーバー: ジョブをスケジュールするためのサーバーです。

  2. Scheduler Index サーバー: このサーバーは、リポジトリ内のデータのインデックスを作成します。

  3. Web 管理ツール: Scheduler および Index サーバー用の Web 管理ツール。

サーバーと Web 管理ツールは Denodo Platform Control Center を使用して開始および停止できます。Web 管理に接続するには、Control Center からリンクをクリックするか、ブラウザーで URL http://<host>:<port>/webadmin/denodo-scheduler-admin を開きます。たとえば、Web コンテナーをデフォルトポート 9090 にインストールしてあり、ローカルホストからアクセスしている場合は、URL http://127.0.0.1:9090/webadmin/denodo-scheduler-admin/ を開く必要があります。

Windows マシンの場合は、インストールプロセスの間に、サーバーと Web ツールを Windows サービスとして起動するように選択できます。

その代わりに、パス <DENODO_HOME>/bin ではスクリプトが提供されています。

  • スケジュールサーバーには、スケジュールサーバー自体を起動するためのスクリプト scheduler_startup.sh (Windows では scheduler_startup.bat) と、停止するためのスクリプト scheduler_shutdown.sh (Windows では scheduler_shutdown.bat) が用意されています。Web 管理ツールを起動および停止するには、スクリプト scheduler_webadmin_startup.shscheduler_webadmin_shutdown.sh を使用できます (Windows では scheduler_webadmin_startup.batscheduler_webadmin_shutdown.bat)。

  • インデックスサーバーには、インデックスサーバー自体を起動するためのスクリプト arnindex_startup.sh (Windows では arnindex_startup.bat) と、停止するためのスクリプト arnindex_shutdown.sh (Windows では arnindex_shutdown.bat) が用意されています。Web 管理ツールを起動および停止するには、スクリプト arn_webadmin_startup.sharn_webadmin_shutdown.sh を使用できます (Windows では arn_webadmin_startup.batarn_webadmin_shutdown.bat)。

Windows マシンの場合は、スケジュールサーバーをサービスとしてインストールするためのスクリプトが用意されています。スクリプト名は schedulerservice.bat です。特定のユーザーアカウントでサービスを開始するように構成する場合は、Denodo Platform インストールフォルダーとそのすべてのサブフォルダーに対するフル権限または管理権限が必要です。インデックスサーバーと Web 管理ツールの場合、スクリプト名はそれぞれ arnindexservice.batscheduler_webadmintool_service.bat です。