AWS で Solution Manager をデプロイする際に使用するアーキテクチャ

ここでは、 自動クラウドモード (AWS) を使用して Denodo (Solution Manager と Denodo Platform コンポーネント) をデプロイする際に使用するアーキテクチャを説明します。

AWS architecture deployment

AWS アーキテクチャのデプロイ

このアーキテクチャには以下のコンポーネントが含まれます。

  • Denodo Solution Manager。個別の EC2 インスタンスで実行されます。

  • Denodo Platform の各コンポーネント (Virtual DataPort、Data Catalog、Scheduler など) はそれぞれ別のインスタンスで実行されます。

  • これらのインスタンスは、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 上の単一のアベイラビリティゾーンに含まれるサブネットで実行されます。

  • 同じクラスタのインスタンスは、同じリージョンで起動します。

  • 必要なプロトコルとポートのみを利用するように制限するために、各インスタンスには適切なセキュリティグループがあります。

  • このアーキテクチャには Elastic Load Balancing が不可欠です。具体的には、Network Load Balancer を使用して、クラスタの Denodo Platform コンポーネント全体で TCP の負荷分散を実現しています。

  • Solution Manager はクラスタのインスタンスをオートスケーリンググループのインスタンスとして起動できます。

  • EC2 インスタンスにアタッチされた Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームが存在します。