外部データベースの設定

注釈

グローバル管理者および Solution Manager 管理者のみがこのタスクを実行できます。

Solution Manager サーバーおよび License Manager サーバーは、以下の情報をデータベースに保存します。

  1. Solution Manager: 環境、クラスター、およびサーバー

  2. 昇格: 負荷分散変数、リビジョン、およびデプロイ

  3. ライセンス: グローバルライセンスおよびライセンスの使用状況

これらのコンポーネントはすべて同じデータベースを使用してこの情報を保存します。そのデータベースは、デフォルトではインストールに含まれるローカルデータベース (Apache Derby) です。この情報を外部データベースに保存するようにこれらのコンポーネントを構成できます。すべてのコンポーネントで同じデータベースを使用する必要があります。

注釈

この情報の保存先のデータベースを変更すると、既存の昇格にアクセスできなくなります。既存の昇格はローカルデータベースに残りますが、そのローカルデータベースにアクセスできなくなるためです。ライセンスは、自動的に新しいデータベースに転送されます。環境、クラスター、およびサーバーに関する情報は、このページで説明するプロセスの実行時に転送されます。

以下の手順に従って実施してください。

  1. ツリー領域 ですでに環境、クラスター、およびサーバーを定義済みの場合は、それらをファイルにエクスポートします。これを行うには、ツリーのルート ([Solution Manager]) を右クリックして、[Export] をクリックします。

    リビジョンとデプロイに関する情報は エクスポートできません

  2. データベースの JDBC ドライバーの jar ファイル (複数可) をフォルダー <SOLUTION_MANAGER_HOME>/lib/solution-manager-extensions にコピーします。

  3. 次のコンポーネントを再起動します。

    • License Manager サーバー

    • Solution Manager サーバー

    • Solution Manager Administration Tool

    ドライバーの jar ファイルがすでにこのフォルダーにあった場合は、これらのコンポーネントを再起動する必要はありません。

  4. [Configuration] メニュー > [Solution Manager database] をクリックします。新しいタブで、次のパラメーターを入力します。

    • Database: サポートされている以下のいずれかのデータベースを選択します。

      • Apache Derby。

      • Microsoft SQL Server 2014。Microsoft JDBC ドライバーを使用します (jTDS ドライバーはサポートされていません)。

      • Oracle 11g。これを使用するには、ディレクトリ <SOLUTION_MANAGER_HOME>/lib/extensions/jdbc-drivers/oracle-12c の jar ファイルを <SOLUTION_MANAGER_HOME>/lib/solution-manager-extensions にコピーします。Solution Manager が Oracle 11g および 12c に接続するには Oracle 12c ドライバーが必要です。

      • Oracle 12c。

      • MySQL 5.6。MySQL を使用する場合、または MySQL 互換エディションの Amazon Aurora を使用する場合に選択します。

      • PostgreSQL 9.5。PostgreSQL を使用する場合、または PostgreSQL 互換エディションの Amazon Aurora を使用する場合に選択します。

    • Driver Class: JDBC ドライバーのクラス名。たとえば、Oracle の場合は oracle.jdbc.OracleDriver です。

    • URL: データベースサーバーへの接続に使用する JDBC URL。

    • User および Password: データベースへの接続に使用する資格情報。このユーザーアカウントには、テーブルの作成と、テーブルの行の挿入、更新、および削除を行うための権限が必要です。

Database configuration panel

データベースを構成するためのパネル

注釈

  • データベースとして [Derby Embedded] を選択した場合、[Driver Class]、[URI]、[Username]、および [Password] の各フィールドは編集できません。これは、Solution Manager に付属の Derby データベースに接続することを表します。

  • [MySQL] を選択した場合は、URL にパラメーター useUnicode=true&characterEncoding=UTF-8 を追加します。たとえば、次のようになります。

    jdbc:mysql://mysql.acme.com:3306/denodo_solution_manager?useUnicode=true&characterEncoding=UTF-8
    

    このパラメーターは、非 ASCII 文字をデータベースに正しく保存するために必要です。

    また、Solution Manager で使用する MySQL のスキーマには、 Default Charset = utf8 および Collation = utf8_unicode_ci のオプションも必要です。

    これらのオプションを設定するには、この MySQL に接続して、次のステートメントを実行します。

    ALTER DATABASE <database name>
    CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;
    
  1. save-btn をクリックします。Solution Manager は、このデータベースにアクセスできることを確認します。必要なテーブルが存在しない場合は作成するよう求められます。[Yes] をクリックすると、テーブルが自動的に作成されます。または、ディレクトリ <SOLUTION_MANAGER_HOME>/conf/solution-manager/sql のスクリプトを使用して、手動でテーブルを作成することもできます。

    注釈

    SQL*Plus や Enterprise Manager といった対話型ツールを使用して Oracle に必要なテーブルを作成する場合、スクリプト solutionmanager.oracle.sql を変更して、 create or replace trigger という文の後に先頭が / の空白行を追加します。つまり、次のようになります。

    CREATE OR REPLACE TRIGGER acl_class_id_trigger
    BEFORE INSERT ON acl_class
    FOR EACH ROW
    BEGIN
       SELECT acl_class_sequence.nextval INTO :new.id FROM dual;
    END;
    /
    
  2. License Manager サーバーSolution Manager サーバー 、および Solution Manager Administration Tool を停止します。

  3. License Manager を起動して、約 1 分間待ちます。

    License Manager は、ライセンス情報を自動的に外部データベースに保存するようになります。

  4. Solution Manager サーバーおよび Solution Manager Administration Tool を起動します。

    重要

    最初に License Manager がライセンスを外部データベースに保存する必要があるため、このインストールの他のコンポーネントよりも 先に License Manager を起動してください。この順序で起動しないと、Solution Manager は有効なライセンスを見つけることができないため起動しません。

  5. Solution Manager にログインします。すでに定義されていた環境、クラスター、およびサーバーは、以前の場所にはありません。新しいデータベースに自動的にコピーされるのはライセンスだけであるためです。

    環境、クラスター、およびサーバーを復元するには、ツリーのルートを右クリックして、[Import] をクリックします。手順 1 でエクスポートしたファイルを選択します。