インポートおよびエクスポート

Solution Manager には、構成のバックアップを作成し、必要に応じてそのバックアップを復元する便利な方法が用意されています。

注釈

グローバル管理者のみが Solution Manager の構成のバックアップと復元を実行できます。

バックアップを作成するには、カタログツリーのルート (sm_node) をクリックして、[Export] をクリックします。

Import or export

Solution Manager カタログのインポートまたはエクスポート

新しいポップアップが表示されます。ここで、エクスポート時に機密データを暗号化するために使用するカスタムパスワードをオプションで指定できます。

Solution Manager export dialog

Solution Manager をエクスポートするためのダイアログ

バックアップには、以下のエレメントが含まれます。

yes 環境の基本情報

yes 環境のデプロイ構成とデプロイスクリプト

yes 環境に割り当てられている Virtual DataPort のプロパティ

yes クラスターの基本情報

yes クラスターに割り当てられている Scheduler のプロパティ

yes 標準環境のサーバーの基本情報

yes ユーザー定義の負荷分散変数、および標準環境のクラスターとサーバーに割り当てられている値

yes バージョン管理システムの構成

yes 通知メッセージ

yes AWS の自動モードの構成

yes アクセス許可

yes 認証の構成

yes ロール、ユーザー、および環境に依存しないグローバルプロパティ

バックアップには、以下のエレメントは 含まれません

no リビジョン

no デプロイ

no データベースの構成

no ライセンスの使用

no Monitor のログファイル

バックアップは JSON ファイルです。


バックアップを復元するには、ツリー領域のルートをクリックして、[Import] をクリックします。新しいポップアップが表示されるので、復元するファイルをクリックして選択します。

Solution Manager - restore backup

Solution Manager - バックアップの復元

重要

エクスポートプロセスでデータを暗号化するためのカスタムパスワードを指定した場合は、 インポートプロセスで同じパスワードを入力する必要があります

選択したファイルに既存の環境が含まれている場合、それを置き換えるかどうかを選択できます。

重要

インポートファイルにクラウドクラスターが含まれている場合、このクラスターは保留状態で作成されます。インポートプロセスの完了後に、「 クラスターの管理 」で説明されている画面で クラウドクラスターを再作成する必要があります