ライセンス管理

Denodo サーバーが動作するには、その Denodo サーバーが Denodo ライセンスファイルにアクセスできるようにする必要があります。Denodo Platform でライセンスを構成する場合、これまでは インストール時にライセンスを指定する か、 ライセンスを手動でマシンにコピーする か、または Control Center を使用してライセンスをインストールする のが通常の方法でした。しかし、このような方法では、Denodo インフラストラクチャのマシンごとに新しいライセンスをインストールする必要があるため、組織に大規模に Denodo がデプロイされている場合、インストール作業が煩雑になる可能性があります。Solution Manager では、Denodo グローバルライセンスと Denodo License Manager を導入することにより、異なる方法ですべてのライセンスを管理します。

Denodo グローバルライセンス は、さまざまなライセンスシナリオを定義したマルチライセンスファイルです。さまざまな要件に対応できるように、各シナリオで固有の機能と制限が有効になります。たとえば、あるシナリオでは特定の製品を有効にでき、別のシナリオでは同時リクエストの最大数を制限できます。Solution Manager で各環境に 1 つのライセンスシナリオを割り当てる必要があります。一般的なライセンスシナリオは次のとおりです。

  • 本番: 最終的な本番システムに使用します。

  • ステージング: 本番前のシステムに使用します。

  • 開発: 開発者のマシンに使用します。

Denodo License Manager は、Denodo サーバーがライセンスを取得して定期的に更新できる一元的な場所です。License Manager にはグローバルライセンスがインストールされています。License Manager は、Denodo サーバーが属する環境に割り当てられているシナリオに従って、サーバーにライセンスを割り当てます。

注釈

グローバル管理者および Solution Manager 管理者のみが Solution Manager でライセンスを構成できます。詳細については、「 認可 」を参照してください。

この章では、Solution Manager Administration Tool と License Manager を使用して、大規模な Denodo デプロイ環境でライセンスを管理する方法について説明します。この章の具体的な内容は、次のとおりです。