[License Usages] テーブル

Denodo サーバー (Virtual DataPort や Scheduler など) は、起動する際に License Manager にライセンスをリクエストします。また、Denodo サーバーは License Manager に定期的にリクエストを送信して、このライセンスが引き続き有効であることを確認します。

ライセンスリクエストを監視するには、[License Usage] ダイアログを開きます。これを行うには、[Licenses] メニュー > [License Usages] をクリックします。

License usages dialog

[License Usages] ダイアログ

[License Usages] テーブルには、Virtual DataPort サーバー、Scheduler サーバー、および Data Catalog サーバーから送信されたライセンスリクエストに関する情報の履歴が表示されます。このテーブルには、Denodo Platform のその他のコンポーネントから送信されたライセンスリクエストは含まれません。

各行は、Virtual DataPort サーバー、Scheduler サーバー、または Data Catalog サーバーのライセンス使用ステータスを表しています。これらのサーバーのいずれかが起動するたびに、新しい行が追加されます。

一般的に、これらのサーバーの実行中にライセンス更新リクエストが定期的に送信され、ライセンスに変更がなく引き続き有効であれば、その行が更新されます。

ライセンス使用は以下の状況の場合に終了し、その理由が [End Reason] 列に表示されます。

  • サーバーがシャットダウンされた。

  • サーバーが猶予期間中にライセンスを更新できず、ライセンスの有効期限が切れた。

  • License Manager が、サーバーに割り当てられているライセンスの解放リクエストを受信した (詳細については、「 ライセンス使用の解放 」を参照してください)。

  • ライセンスの有効期限が切れているか、ライセンスが無効になっている。

  • ライセンスが変更された。この場合、新しいライセンスを示す行が新たに追加されます (ライセンスを変更する方法については、 新しいライセンスのインストール について説明しているセクションを参照してください)。

  • ライセンスで定義されているコアまたはプロセッサーの最大数を超過した。

  • ライセンスで定義されているサーバーの最大数を超過した。

  • サーバーが再起動された。この場合、以前のアクティブな行は終了し、新しい行が追加されます。

  • クラウドサーバーが存在しなくなった。

  • Solution Manager サーバーによってクラウドサーバーが終了された。これは通常、新しいクラウドサーバーに置き換える場合に発生します。

例を見てみましょう。まず、サーバー dev server 3 が有効なライセンスを取得します。6 分後、このサーバーはライセンスの更新を試みますが、License Manager はこのリクエストを拒否します。この時点で、ライセンス使用は非アクティブになり、エラーステータスを示す新しい行が作成されます。サーバーは再び有効なライセンスの取得を試みます。今回は有効なライセンスが付与されたので、3 つ目のライセンス使用がアクティブステータスでテーブルに表示されます。

[License Usages] テーブルには、次の列があります。

  • Status: ライセンスのステータス。次の値が表示される可能性があります。

    • active-status アクティブ: サーバーに付与されているライセンスは有効です。

    • grace-status 猶予期間中: 更新リクエストをまだ受信していません。サーバーリクエストを受信しないまま猶予期間が終了した場合、このライセンス使用は非アクティブに変わります。

    • error-status エラー: License Manager がライセンスリクエストまたはライセンス更新を拒否しました。これは、たとえば、ライセンスで 8 個のコアの動作しか許可されていないにもかかわらず、Virtual DataPort サーバーで 16 個のコアが動作している場合に発生します。

    • inactive-status 非アクティブ: 以下のいずれかの理由により、ライセンス使用がアクティブではなくなりました。

      1. サーバーがシャットダウンされた。

      2. License Manager でライセンス更新リクエストが受信されず、猶予期間が終了した。

      3. ライセンスの制約によりライセンスの更新が拒否された。この場合、テーブルに行が追加され、拒否の理由が示されます。

      4. グローバルライセンスが更新されたか、環境のライセンスシナリオが変更されたため、License Manager が更新リクエストに対して新しいライセンスを送信した。この場合、同じサーバーのライセンス使用を示す新しい行が表に追加されます。

        The License Manager granted a new license on renewal

        License Manager が更新に対して新しいライセンスを付与した場合

  • Server: ライセンスをリクエストしたサーバー。

  • Server Type: ライセンスをリクエストしたサーバーのタイプ。

  • License Scenario: ライセンス使用中にサーバーに適用されているライセンスシナリオ。

  • License Info: info-btn ボタンをクリックすると、サーバーに適用されているライセンスを確認できます。

  • First Request Time: 最初のライセンスリクエストの日時。

  • Last Request Time: サーバーからのライセンスリクエストによって前回ライセンス使用が更新された日時。

  • End Request Time: ライセンスリクエストによって新しいライセンス使用が生成されたため、このライセンス使用が終了した日時。前述したように、これは、ライセンスが変更された場合、有効でなくなった場合、または有効に戻った場合に発生します。この値は、ライセンス使用がアクティブな場合は空です。

  • Duration: アクティブなライセンス使用の場合、これは [First Request Time] の値から [Last Request Time] の値までの経過時間を表します。非アクティブなライセンス使用の場合、これは [First Request Time] の値から [End Request Time] の値までの経過時間を表します。

  • End Reason: ライセンス使用が終了した理由。これは、非アクティブまたはエラーのライセンス使用にのみ該当します。この列に表示される可能性がある値は、次のとおりです。

    SECURE_SHUTDOWN

    サーバーがシャットダウンされた。

    SERVER_REBOOT

    サーバーが再起動された。

    GRACE_PERIOD_EXCEEDED

    サーバーの猶予期間中に、License Manager がライセンスの更新リクエストを受信しなかった。

    LICENSE_ACK_TIMEOUT_EXCEEDED

    License Manager と、ライセンスをリクエストしているサーバーとの間の通信が失敗した。

    LICENSE_EXPIRED

    ライセンスの有効期限が切れた。

    PROCESSORS_EXCEEDED

    ライセンスで許可されているコアの最大数を超過した。

    SERVERS_EXCEEDED

    ライセンスで定義されているサーバーの最大数を超過した。

    INVALID_LICENSE

    License Manager はグローバルライセンスファイルに含まれているライセンスシナリオを確認できなかった。

    LICENSE_CHANGED

    新しいライセンスがインストールされた。

    EXTERNAL_NOTIFY_SHUTDOWN

    ライセンス使用が手動で解放された (「 ライセンス使用の解放 」を参照)。

    UNREACHABLE_CLOUD_SERVER

    クラウドサーバーが存在しなくなった。

    EXTERNAL_CLOUD_SHUTDOWN

    Solution Manager サーバーによってクラウドサーバーが終了された。これは通常、再作成プロセス中か、サーバーが削除された場合に発生します。

  • Processors: サーバーで使用されているコアまたはプロセッサーの数。

このテーブルは自動的には更新されません。更新するには、 refresh-btn ボタンをクリックします。