負荷分散変数

環境のデプロイを構成する プロセスの一環として、ロードバランサーで Virtual DataPort サーバーまたはクラスター全体を有効/無効にする 一連のスクリプト を定義できます。これらのスクリプトは、リテラル値と負荷分散変数の 2 種類のパラメーターを受け取ることができます。

負荷分散変数は、Virtual DataPort サーバーまたはクラスターに割り当てることができるユーザー定義の変数です。このため、スクリプトがクラスターの負荷分散変数に依存する場合、環境内のクラスターごとにその変数に値を割り当てる必要があります。同様に、スクリプトがサーバーの負荷分散変数に依存する場合、その環境に属している Virtual DataPort サーバーごとにその変数に値を割り当てる必要があります。Solution Manager は、スクリプトを実行する際に、更新対象のサーバーまたはクラスターに応じて、対応する負荷分散変数の値を使用します。

ロードバランサーでクラスターを有効/無効にするスクリプトは、クラスターの負荷分散変数のみをパラメーターとして受け取ることができる点に留意してください。一方、ロードバランサーでサーバーを有効または無効にするスクリプトは、クラスターとサーバーの両方の負荷分散変数を受け取ることができます。

すべてのサーバーに対して自動的に作成される負荷分散変数もあります。 namehost 、および port です。これらの変数の値は、 サーバーを定義するためのダイアログ の同じ名前のフィールドに対応します。これらの事前定義の負荷分散変数は、削除することも変更することもできません。

IP アドレスが 192.168.0.1 のクラスター「Cluster 1」と、このクラスター内に定義された IP アドレスが 192.168.0.10 のサーバー「Server 1」の例を見ていきましょう。

クラスターに適用される負荷分散変数 ClusterIP を定義し、値として、この例のクラスターの 192.168.0.1 を割り当てます。

デプロイ構成で、ロードバランサーでサーバーを無効にするスクリプト disable_server_from_load_balancer.sh <clusterIP> <host> を定義します。 host は事前定義の負荷分散変数で、 ClusterIP は、作成したクラスター負荷分散変数です。

デプロイ時に、Solution Manager はこのスクリプトを適切な引数を指定して実行します。ここでは、現在のサーバーとそのクラスターに割り当てられている負荷分散変数の値を使用します。次のようになります。

$ disable_server_from_load_balancer.sh 192.168.0.1 192.168.0.10

注釈

グローバル管理者および昇格管理者のみが負荷分散変数を構成できます。詳細については、「 認可 」を参照してください。

この章の内容は次のとおりです。