デプロイの進行状況

注釈

グローバル管理者、昇格管理者、および昇格ユーザーのみがデプロイの進行状況を確認できます。詳細については、「 認可 」を参照してください。

Solution Manager では、特定のデプロイの進行状況を確認できます。この情報にアクセスする方法は、次の 2 通りあります。

どちらの方法を使用した場合でも、新しいタブが開き、特定のデプロイに関するすべての情報が表示されます。

Progress information about a deployment

デプロイの進行状況に関する情報

この情報は、Solution Manager がデプロイ中に実行する一連のタスクで構成されています。各タスクについて以下のデータを確認できます。

  • タスクの 名前

  • タスクが実行される クラスター

  • タスクが実行される サーバー

  • タスクの タイプ 。これは、以下のいずれかの値になります。

    • SCRIPT_CLUSTER 。ロードバランサーでクラスターを有効/無効にするためのスクリプトを実行します。

    • SCRIPT_SERVER 。ロードバランサーでサーバーを有効/無効にするためのスクリプトを実行します。

    • VQL 。リビジョンの VQL コマンドを実行します。

    • SCH 。Scheduler のメタデータをインポートします。

    • DATACATALOG_SYNC 。Data Catalog サーバーのメタデータを同期します。

    • CACHE 。Virtual DataPort サーバーでキャッシュ切り替えを実行します。

    • ROLLBACK 。ロールバック操作を実行します。

    • BACKUP 。現在のデプロイの実行完了後にバックアップデータを生成します。

    • SERVER_DEPLOYMENT 。サーバーは無効になっていたため無視されました。

    • CLUSTER_DEPLOYMENT 。クラスターは無効になっていたため無視されました。

    • INITIALIZE_DEPLOYMENT_INSTANCE 。リビジョンに含まれる変更を実行するために、新しいクラウドサーバーを準備します (VQL の変更の場合は Virtual DataPort、Scheduler のメタデータの変更の場合は Scheduler)。

    • CLUSTER_REBOOT 。デプロイの変更の実行後に、クラスターの対応するサーバーを再作成します (Virtual DataPort または Scheduler)。

  • タスクの 開始日時

  • タスクの 終了日時

  • タスクの 状態:

    • deployment_progress_pending 保留中

    • deployment_progress_in_progress 進行中

    • deployment_progress_skipped スキップ 。タスクは実行されませんでした。

    • deployment_progress_ok OK

    • deployment_progress_error エラー

    • deployment_progress_warning 警告 。タスクは実行されましたが、完了時に警告が生成されました。

  • タスクの 出力 。特定のタスクの実行中に生成された出力、または失敗した場合のエラー情報を確認できます。 info-btn アイコンをクリックして、表示されるメニューから目的のオプションを選択します。

    新しいダイアログが開き、選択した情報が表示されます。