VQL からのリビジョンの作成

注釈

グローバル管理者および昇格管理者のみが、VQL からの読み込みによってリビジョンを作成できます。詳細については、「 認可 」を参照してください。

VQL ファイルから作成されたリビジョンは、アップロードしたファイルの VQL ステートメントが含まれるリビジョンとなります。アップロードするファイルは拡張子が「.vql」で VQL ステートメントを含む必要があります。Solution Manager がリビジョンをデプロイする際には、ターゲット環境の全サーバーでリビジョンファイルに含まれるコマンドが実行されます。これは GUI でリビジョンを作成する方法の代替手段です。

エレメントを作成/変更するリビジョンを作成する場合、 GUI でリビジョンを作成する 方が簡単であるため、こちらの方法をお勧めします。特に、リビジョンに大量のエレメントを含める場合は GUI の利用を推奨します。ただし、その他の操作を実行するリビジョンを作成したり、リビジョンの VQL ステートメントを完全にコントロールするには、VQL ファイルからリビジョンを作成してください。この方法は次のようなシナリオで有用です。

  • SET コマンドを実行して、環境上のすべての Virtual DataPort サーバーで Virtual DataPort の設定を変更する場合。

  • ユーザーとロールを作成し、特定のデータベースに対する権限を作成したユーザーとロールに与える場合。

VQL ファイルからリビジョンを作成するには、[Promotions] メニュー > [Revisions] をクリックし、[Revisions] テーブルを開きます。そしてテーブル上の new-revision-from-vql-btn をクリックしてください。

Dialog to create a new revision from VQL

リビジョンを VQL から新規作成するためのダイアログ

次の内容を入力します。

  • Name: リビジョンの内容を示す名前。

  • Description: リビジョンの詳細な説明。このフィールドはオプションです。

  • VQL: VQL ファイルをドラッグしてください。

上部の save-btn をクリックします。

選択した VQL ファイルに Virtual DataPort のプロパティ が含まれていない場合、次の確認ダイアログが表示されます。

Confirm creation of a revision from VQL without VDP properties

Virtual DataPort のプロパティなしでリビジョンを作成することの確認

通常は問題ないため Yes をクリックします。