[Revisions] テーブル

注釈

持っている権限に応じて、すべてのリビジョンが表示されることも、自身が作成したリビジョンのみが表示されることもあります。詳細については、「 認可 」を参照してください。

[Revisions] テーブルを開くには、[Promotions] メニュー > [Revisions] をクリックしてください。

Open revisions table

[Revisions] テーブルを開く方法

新しいタブが開きます。ここでリビジョンに関するすべての情報を確認し、現在の状態に応じて実行可能な操作を各デプロイで実行できます。

Example of Revisions table

[Revisions] テーブルの例

[Revisions] テーブルに表示される情報は、テーブルを開いた後は自動更新されません。情報を更新するには、 refresh-btn をクリックしてください。

以下のセクションでは、このテーブルからリビジョンに対して実行できる操作について詳しく説明します。

リビジョンの作成

new-revision-table-btn をクリックして、[New Revision] ダイアログを開きます。新しいリビジョンを作成するプロセスについては、「 リビジョンの作成 」で説明しています。

グローバル管理者と昇格管理者は、 new-revision-from-vql-btn をクリックして VQL ファイルを直接アップロードすることによって、新しいリビジョンを作成することもできます。このプロセスについては、「 VQL からのリビジョンの読み込み 」で説明しています。

リビジョンの編集

リビジョンを編集するには、 edit-btn をクリックします。 リビジョンの作成 の場合とよく似たダイアログが表示されます。[General] ピルから値を変更したり、[Revision Elements] ピルで選択したエレメントを更新したりすることができます。編集後は必ず、ダイアログの上部にある save-btn をクリックして変更を保存してください。

警告

[General] ピルで以下のいずれかのフィールドの値を変更した場合、表示するエレメント候補が変更されるため、選択したエレメントは選択解除されます。

  • Type

  • Virtual DataPort server

  • Scheduler server

注釈

グローバル管理者以外のユーザーは、自身が作成したリビジョンのみを編集できます。また、デプロイ済みのリビジョンを編集することはできません。

注釈

VQL ファイルのアップロードによって作成したリビジョンを編集することはできません。

リビジョンの情報の確認

グローバル管理者は、他のユーザーが作成したリビジョンを編集できます。いずれのユーザーも、すでにデプロイされているリビジョンを編集することはできません。ただし、リビジョンの内容を読み取り専用モードで確認することができます。 search-btn ボタンをクリックすると、ダイアログが表示され、目的のリビジョンに関するすべての情報を表示できます。

Revision definition in read-only mode

リビジョンの定義 (読み取り専用モード)

VQL revision in read-only mode

VQL から作成したリビジョン (読み取り専用モード)

リビジョンの削除

リビジョンを削除する方法は、次の 2 通りあります。

  1. テーブルで複数のリビジョンを選択して、 remove-text-btn ボタンをクリックします。

  2. リビジョンを 1 つだけ削除するには、その行の remove-btn ボタンをクリックします。

注釈

グローバル管理者ユーザーのみが、他のユーザーが作成したリビジョンを削除できます。また、デプロイ済みのリビジョンを削除することはできません。

テーブルでのリビジョンのフィルター

テーブルの結果にフィルターを適用するには、 filter-btn ボタンをクリックして、次のダイアログでフォームに入力します。

Filter revisions dialog

リビジョンをフィルターするためのダイアログ

テーブルの上部に、フィルター条件を表す filter-tag のような新しいタグが表示されます。フィルターを編集するにはその名前をクリックし、フィルターを削除するにはその remove-filter ボタンをクリックします。

複数のフィルターを作成できます。テーブルには、定義されているフィルター条件をすべて満たすリビジョンのみが表示されます。

リビジョンのメタデータのダウンロード

特定のリビジョンに対してデプロイされる、生成された VQL または Scheduler のジョブの zip ファイルをダウンロードできます。 download-btn ボタンをクリックして、表示されるメニューで対応するオプションを選択します。

Download the contents of a revision

リビジョンの内容のダウンロード

リビジョンの検証

リビジョンのエレメントは、データソースの URI、ユーザー名、パスワードといった一連のプロパティに依存している可能性があります。デプロイを正常に完了するには、ターゲット環境でこれらの各プロパティに値を指定する必要があります。具体的には次のとおりです。

  • ターゲット環境で、リビジョンの VQL をパラメーター化する Virtual DataPort のプロパティ それぞれに値を定義する必要があります。

  • ターゲット環境内の、Scheduler サーバーが含まれる有効なクラスターすべてで、リビジョンのジョブをパラメーター化する Scheduler のプロパティ それぞれに値を定義する必要があります。

リビジョンをデプロイする前に、ターゲット環境で必要なプロパティがすべて定義されていることを検証できます。対応するリビジョンの validate-btn ボタンをクリックして、検証するターゲット環境を選択します。検証にコメントを追加することもできます。

Select the target environment for a revision validation

リビジョンを検証するターゲット環境の選択

検証プロセスが終了すると、新しいダイアログに結果が表示されます。不足しているプロパティがあった場合、検証は失敗します。

Dialog with the result of a validation

検証の結果を示すダイアログ

検証が失敗した場合、プロパティを作成するためのアクセス許可があれば、 create-missing-vql-properties ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると新しいダイアログが表示され、不足している VQL プロパティを作成できます。

Dialog with the missing VQL properties

不足している VQL プロパティを示すダイアログ

デフォルトでは、すべてのプロパティの値が未定義です。プロパティごとに次の 3 つのオプションがあります。

  1. 未定義の値を保持する。未定義のプロパティがあると検証プロセスは失敗し、リビジョンをデプロイすることはできません。

  2. 値を手動で入力する。

  3. [Source Environment Value] 列には、リビジョンが作成された環境で定義されているプロパティの値が含まれます。 copy-value-to-left または copy-all-values-to-left をクリックすると、この列から [New Value] 列に値をコピーしてプロパティに値を割り当てることができます。不足しているプロパティを保存すると、検証プロセスは自動的に再起動します。

注釈

不足しているプロパティの作成機能は、Scheduler のプロパティでは使用できません。

注釈

DROP タイプのリビジョンはパラメーター化されないため、検証には対応していません。

リビジョンの検証の概要の確認

validated-on-btn ボタンをクリックすると、リビジョンが検証された環境のリストを確認できます。

List of environments where a revision was validated on

リビジョンが検証された環境のリスト

リストでいずれかの環境をクリックすると、その環境の検証の概要を表示できます。

Validation summary with errors for a revision

エラーが生じたリビジョンの検証の概要

検証が失敗した場合は、 details-btn ボタンをクリックして、不足しているプロパティのリストを確認します。

Missing Scheduler properties for a validation

検証で不足していた Scheduler のプロパティ

リビジョンのコピー

リビジョンをコピーするには、 copy-revision-btn をクリックします。これによって、そのリビジョンからコピーしたすべての情報を使って リビジョンを作成する ためのウィザードが開きます。ここで作成するリビジョンの情報はすべて編集可能で、このリビジョンを新しいリビジョンとして保存できます。

注釈

タイプが VQL のリビジョンをコピーすることはできません。

リビジョンのデプロイ

リビジョンをデプロイする方法は、次の 2 通りあります。

  1. テーブルで複数のリビジョンを選択して、 deploy-text-btn ボタンをクリックします。

  2. リビジョンを 1 つだけデプロイするには、その行の deploy-btn ボタンをクリックします。

表示されるダイアログで、選択したリビジョンのデプロイ先の環境を選択します。デプロイの説明を入力することもできます。

Select the target environment for a revision deployment

リビジョンをデプロイするターゲット環境の選択

ターゲット環境で不足しているプロパティがある場合、この段階で検証の詳細を確認できます。プロパティを作成するためのアクセス権がある場合は、不足している VQL プロパティを作成することもできます。詳細については、「 リビジョンの検証 」を参照してください。不足している VQL プロパティを保存すると、デプロイプロセスは自動的に再起動します。

Confirmation dialog to create VQL missing properties

不足している VQL プロパティの作成を確認するダイアログ

ターゲット環境 で [Rollback when the deployment fails in the first server] オプションが有効になっているものの、使用可能なバックアップデータがない場合は、このままデプロイを続行することを確認する必要があります。

Confirmation dialog to continue the deployment without a backup

バックアップなしでデプロイを続行することを確認するダイアログ

デプロイのステータス に関する詳細情報を取得するには、リビジョンのデプロイ後に表示される通知をクリックします。

Notification of successful deployment

デプロイが正常に完了したことの通知

注釈

使用可能なさまざまな戦略でデプロイプロセスが実際にどのように機能するかの詳細については、「 標準モードのデプロイ 」および「 クラウドでのデプロイ 」を参照してください。

リビジョンがデプロイされた環境の確認

deployed-on-btn ボタンをクリックすると、リビジョンがデプロイされた環境のリストを確認できます。

List of environments where a revision was deployed on

リビジョンがデプロイされた環境のリスト