コマンドラインからの JVM パラメーターの構成

GUI に対応しているホストでは、Denodo Control Center を使用して、各 Solution Manager サーバーの起動に使用する Java 仮想マシン (JVM) のパラメーターを変更できます (「 仮想マシンと Web コンテナーの構成 」を参照してください)。一方、「ヘッドレス」環境 (つまり GUI に対応していない環境) ではこれを行うことはできません。

このセクションでは、GUI に対応していないホストでこれらのパラメーターを変更する方法を確認します。以下の手順に従って実施してください。

  1. 以下の表の最初の列で、JVM パラメーターを変更する製品を見つけます。

  2. 製品の構成ファイルを編集します。「構成ファイル」列で構成ファイルの値を見つけてください。

  3. それぞれのファイルで「修正するプロパティ」列のプロパティを見つけて、JVM パラメーターを設定します。文字「:」は文字 \ でエスケープする必要があることに注意してください。例: -XX\:NewRatio\=4

JVM パラメーターを変更するために修正するプロパティ

製品

構成ファイル

修正するプロパティ

Virtual DataPort サーバー

<SOLUTION_MANAGER_HOME>/conf/vdp/VDBConfiguration.properties

java.env.DENODO_OPTS_START

Solution Manager サーバー

<SOLUTION_MANAGER_HOME>/conf/solution-manager/SMConfigurationParameters.properties

java.env.DENODO_OPTS_START

License Manager サーバー

<SOLUTION_MANAGER_HOME>/conf/license-manager/LMConfigurationParameters.properties

java.env.DENODO_OPTS_START

Web コンテナー

<SOLUTION_MANAGER_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/tomcat.properties

java.env.DENODO_OPTS_START

  1. 修正したファイルで変更を保存した後、スクリプト <SOLUTION_MANAGER_HOME>/bin/regenerateFiles.sh を実行します。

次回、いずれかの Solution Manager サーバーを起動すると、サーバーは新しいパラメーターを使用して実行されます。