Windows サービスの構成

Windows 向けの Solution Manager のインストーラーは、Solution Manager や License Manager などの各コンポーネントに対して Windows サービスを作成します。

デフォルトでは、これらの Windows サービスは以下のように構成されています。

  • 手動で開始する

  • 事前定義されている「ローカルシステムユーザーアカウント」で実行される

Denodo コンポーネントを Windows サービスとして起動する場合、それらの Windows サービスの以下のオプションを変更する必要があります。

  1. Denodo サービスが実行されるアカウントを、Denodo Control Center の起動に使用するアカウントと同じになるように変更します。

  2. [スタートアップの種類] を [自動] に設定します。これにより、コンピューターを再起動すると、Windows がすべての Denodo サービスを自動的に開始するようになります。これは必須ではありませんが、この設定をお勧めします。

Windows サービスをこのように構成するには、以下の手順に従って実施します。

  1. Windows ロゴキー + R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ダイアログを開きます。

  2. services.msc 」と入力して、Windows サービス構成ツールを開きます。

  3. Denodo サービスを検索し、見つかったサービス (すべて「Denodo」で始まります) を右クリックして [プロパティ] をクリックします。

  4. [全般] タブの [スタートアップの種類] ボックスで、[自動] を選択します。

  5. [ログオン] タブをクリックします。

  6. [アカウント] を選択して、Denodo Control Center の実行に使用するユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。

  7. 手順 3 ~ 6 を繰り返して、Denodo の他の Windows サービスを構成します。

このユーザーアカウントに必要な権限

このユーザーアカウントには、以下の権限が必要です。

  1. Denodo Platform のインストール先のフォルダーとサブフォルダーに対する完全な権限。その理由は、最初は Control Center を使用して Denodo サーバーを起動し、その後 Windows サービスとして Denodo サーバーを起動した場合、サービスとして起動した Denodo サーバーは、Control Center から起動した Denodo サーバーが作成したファイルを変更できない可能性があるからです。たとえば、Virtual DataPort が既存のメタデータを変更できなくなります。

  2. <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/jmxssl.properties ファイルの 唯一の所有者 であること。Denodo に組み込まれている Web コンテナーで SSL を有効にして、このアカウントがこのファイルの唯一の所有者ではない場合、Web コンテナーは起動しません。