高可用性

ここでは、License Manager で高可用性 (HA) を実現する方法について説明します。このインストール後のタスクは必須ではありませんが、デプロイ環境に複数の Denodo サーバーを配置する予定の場合は、実行することをお勧めします。

Denodo コンポーネント (Virtual DataPort サーバーや Scheduler サーバーなど) は、起動時に License Manager に実行許可を要求します。このために、コンポーネントは、その実行ホストの詳細 (ホスト名、IP アドレス、コア数など) を含む HTTP 要求を License Manager に送信します。要求が承認されると、コンポーネントは起動します。

各コンポーネントは、その動作を継続するために定期的に License Manager に要求を送信します。何らかの理由 (たとえば、License Manager が実行されるホストがダウンしているなど) で License Manager が応答しない場合、5 日間の 猶予期間 があります。この期間中、Denodo サーバーは通常どおり動作し、ライセンスの更新を試行し続けます。License Manager の応答がなくなってから 5 日たつと、コンポーネントはシャットダウンします。注意点として、猶予期間中はコンポーネントは動作し続けますが、コンポーネントを一度停止すると再起動できなくなります。なぜなら、個々の Denodo コンポーネントは License Manager にアクセスできないと起動しないためです。

Diagram of high availability architecture with the License Manager

License Manager での高可用性アーキテクチャ

このアーキテクチャでは、License Manager が単一障害点になるため、以下のことをお勧めします。

  1. 別のホストにセカンダリ License Manager をセットアップします。

  2. Denodo Platform のすべてのサーバーがロードバランサー経由で License Manager に接続するようにします。

License Manager は、 アクティブ/パッシブ 構成をサポートしています。つまり、プライマリ License Manager にすべての要求をリダイレクトし、プライマリ License Manager で障害が発生した場合はセカンダリ License Manager に要求を送信するようにロードバランサーを構成する必要があります。

以下の手順に従って実施してください。

注釈

ご使用のライセンスで、2 つの License Manager を アクティブ/パッシブ HA 構成で実行できる必要があります。

  1. インストールした Solution Manager Administration Tool にログインし、外部データベースを使用するように構成します。方法については、「 外部データベースの設定 」のセクションを参照してください。

    このインストール環境のこの License Manager がプライマリ License Manager になります。

  2. 別のホストで、同じインストーラーを使用して Solution Manager コンポーネントをインストールします。 Diagnostic & Monitoring Tool コンポーネントをインストールする必要はありません。

    これは License Manager のセカンダリノードになります。

    この 2 番目のインストール環境には、プライマリ License Manager と同じライセンスファイルを使用します。

  3. セカンダリノードの Solution Manager Administration Tool にログインし、手順 1 で指定したものと同じ外部データベースを使用するように構成します。

  4. セカンダリノードで、外部データベースの構成後に、 License Manager サーバー 以外のすべてのコンポーネントを停止します。Solution Manager はクラスターでの使用を想定したものではなく、License Manager だけがクラスターでの使用に対応しています。

  5. 組織のロードバランサーで、2 つの License Manager を アクティブ/パッシブ 構成で設定します。デフォルトでは、License Manager はポート 10091 で動作します。

    プライマリ License Manager サーバーが稼働しているかどうかを検出するために、GET 要求を https://<Solution Manager ホスト>:10091/pingLicenseManager に送信します (詳細については、「 Solution Manager サーバーへの ping の実行 」を参照してください)。サーバーが稼働していて、適切に構成されていれば、このエンドポイントから HTTP コード 200 が返されます。それ以外の場合、要求は失敗します。

  6. ロードバランサーで、両方の License Manager に対して定義された仮想ホスト名を参照するように既存の Denodo Platform インストール環境を構成します。

重要

ロードバランサーでは、License Manager サーバーのみを高可用性で動作するように構成します。Solution Manager サーバーとその管理ツールはクラスターで動作するように設計されていないため、そのように構成しないでください。

高可用性構成の Solution Manager の更新 」のセクションでは、License Manager のクラスターの更新方法に関連するベストプラクティスを紹介しています。