グラフィックインストールウィザードの使用

このセクションでは、Solution Manager のグラフィックインストーラーの使用方法を説明します。

グラフィック環境を備えていないホストに Solution Manager をインストールする場合は、次のセクション (「 コマンドラインインストーラーの使用 」) に進んでください。

自動インストールを実行する場合は、「 Denodo Platform の自動インストール 」のセクションを参照してください。

重要

現状では Solution Manager のすべてのモジュールを使用する予定がなくても、すべてのモジュールをインストールしておくことを推奨します。インストーラーを使用して既存のインストール環境に後からモジュールを追加することはできないからです。将来、未インストールのモジュールが必要になった場合、Solution Manager を再度インストールして構成する必要があります。


インストーラーをダウンロードしたら (必要なインストーラーについては、「 インストーラーをダウンロード 」のセクションを参照してください)、解凍して、以下の手順により起動します。

Windows の場合 、ディレクトリ denodo-install-solutionmanager-8.0 に移動し、 install.exe を右クリックして [管理者として実行] をクリックします。Windows のユーザーアカウント制御を有効にしている場合は、下図のようなダイアログが表示され、管理者ユーザーの資格情報を入力する必要があります。

Administrator credentials request dialog

管理者の資格情報を要求するダイアログ

Linux の場合 、以下を実行します。

cd denodo-install-solutionmanager-8.0
chmod +x install.sh
./install.sh

ウィザードに従ってインストール手順を進めます。また、インストールプロセス中、いつでもウィザードの [Help] ボタンをクリックしてヘルプ情報を表示できます。

[Next] をクリックして手順 1 に進みます。


手順 1

製品のライセンス条件が表示されます。条件をよく読み、同意する場合は [I accept the terms of this license] を選択して [Next] をクリックします。


手順 2

インストールモードを選択します。

  1. Default Installation: ほとんどのユーザーに推奨されるモードです。すべてのモジュールがデフォルトの構成値でインストールされます。

    デフォルトインストールでは、Solution Manager のサーバーは、接続のためにデフォルトのポートを利用します。付録「 Solution Manager のモジュールで使用されるデフォルトのポート 」にあるポートのリストを参照してください。

  2. Custom Installation: 上級ユーザーに推奨されるモードです。Solution Manager サーバーが接続のために利用するポートなど、いくつかの構成パラメーターの値を設定できます。

Step 2: selecting the installation method

手順 2: インストール方法の選択

Solution Manager をインストールするパスを [Installation path] に入力します。

重要

  • インストールパスに空白文字を含めることは できません (例: C:\Denodo\Denodo Solution Manager 8.0 は無効です)。空白が含まれていると、一部の機能が動作しない場合があります。

  • Denodo Platform はインストール先ディレクトリにデータを書き込むため、Denodo サーバーを起動するユーザーは、このディレクトリ内のファイルへの書き込み権限を持っている必要があります。

  • Windows にインストールする場合、インストールパスに「ジャンクションポイント」を含めることはできません (「 Junction Points - Microsoft Developer Network 」)。


[License file location] フィールドに、Denodo 提供のライセンスファイルのパスを入力します。このファイルがまだない場合は、このボックスは空にしておきます。この場合、ライセンスなしで Solution Manager がインストールされますが、後からライセンスファイルを指定することができます (この方法については、「 ライセンスのインストール 」を参照してください)。


手順 3

インストールするモジュールとコンポーネントを選択します。

Step 3: selecting the modules to install

手順 3: インストールするモジュールの選択

[Custom Installation] を選択した場合、この概要を保存するには、[Save] をクリックします。


必要なファイルのコピー (これには数分かかる場合があります) を開始する前に、インストールの構成の概要が表示されます。[Save] ボタンをクリックすることによって、この概要をプレーンテキストまたは HTML で保存できます。

インストールプロセスの最後に、オペレーティングシステムのメニュー内に、 Denodo Platform Control Center を起動するショートカットを作成できます。