Virtual DataPort におけるネットワークインターフェイスの制限の構成

Denodo Platform では、プラットフォームのサーバーがコネクションのために利用するネットワークインターフェイスを制限できます。

この制限を有効にするには、すべての Denodo サーバーを停止して、以下の構成オプションを編集します。

Virtual DataPort でネットワークインターフェイスの制限を有効にするために変更する構成プロパティファイル

コンポーネント

構成ファイル

Virtual DataPort サーバー

<DENODO_HOME>/conf/vdp/VDBConfiguration.properties

ITPilot

<DENODO_HOME>/conf/iebrowser/IEBrowserConfiguration.properties <DENODO_HOME>/conf/maintenance/MaintenanceConfiguration.properties

Scheduler サーバー

<DENODO_HOME>/conf/scheduler/ConfigurationParameters.properties

Scheduler Index サーバー

<DENODO_HOME>/conf/arn-index/ConfigurationParameters.properties

Aracne サーバー

<DENODO_HOME>/conf/arn/ConfigurationParameters.properties

Web コンテナー

<DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/tomcat.properties <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/server.xml

  • Virtual DataPort サーバー:

    • com.denodo.vdb.vdbinterface.server.VDBManagerImpl.registryURL.restricted プロパティを、Virtual DataPort が利用するネットワークインターフェイスまたは IP に設定します。

    • com.denodo.vdb.vdbinterface.server.VDBManagerImpl.registryURL プロパティを、サーバーホストによって制限するネットワークインターフェイスに解決されるドメイン名システム (DNS) 名に設定します。

  • ITPilot:

    • IEBrowserConfiguration.properties ファイルの RemoteIEBrowserPoolImpl.HOST.restricted プロパティを、制限するネットワークインターフェイスに設定します。

    • MaintenanceConfiguration.xml ファイルの <extraction><rmi><restricted> プロパティを追加して、制限するアドレスを値として指定します。

  • Scheduler サーバー:

    • Server/registryURL.restricted プロパティを、制限するネットワークインターフェイスに設定します。

  • Scheduler Index サーバー:

    • Launcher/registryURL.restricted プロパティを、制限するネットワークインターフェイスに設定します。

  • Aracne サーバー

    • Server/registryURL.restricted プロパティを、制限するネットワークインターフェイスに設定します。

  • Web コンテナー:

    • tomcat.properties ファイルで以下を設定します。

      1. com.denodo.tomcat.jmx.rmi.host プロパティを、制限するネットワークインターフェイスに設定します。

      2. com.denodo.vdp.host プロパティが定義されていない場合、Virtual DataPort サーバーの構成ファイルから、制限するネットワークインターフェイスを値として取得します。

    • server.xml で以下を設定します。

      1. Tomcat サーバーがシャットダウンコマンドを待機する IP を構成するために、 <Server> 宣言に address="${com.denodo.vdp.host}" プロパティを追加します。

      2. <Connector> コンポーネントにも address="${com.denodo.vdp.host}" プロパティを追加して、指定したポートで待機する際に使用するアドレスを指定します。

      <Server address="${com.denodo.vdp.host}" port="${com.denodo.tomcat.shutdown.port}" shutdown="SHUTDOWN">
      
          <Connector
             address="${com.denodo.vdp.host}"
             port="${com.denodo.tomcat.http.port}"
      
          />
      
      </Server>
      

注釈

com.denodo.vdb.vdbinterface.server.VDBManagerImpl.registryURL プロパティに、制限するアドレスにローカルで解決される値がない場合、ネットワークインターフェイスを制限した後で、公開されている Web サービスを再公開する必要があります。