実行トレース情報

Administration Tool を使用してクエリを実行する際に、[View execution trace] ボタンをクリックすると、クエリの実行トレースをグラフィカルに表現して表示できます。

以下の表に、トレースによって提供される情報の意味を示します。

実行トレースのアイコンとその意味

アイコン

意味

image0

フラット化

image1

グループ化

image2

インターフェイス

image3

積結合

image4

結合

image5

差結合

image6

投影

image7

選択

image8

サブクエリ

image9

標準和結合と拡張和結合

image10

無効。実行プランのこの分岐は実行されていません。

image11

中間結果がディスクにスワップされました。

image12

データはビューのキャッシュから取得されました。

image13

このノードには以下のような追加情報があります。

  • 関数または操作をデータソースに委任できません。

  • 互換性のない条件が選択に含まれているので選択は実行されていません。

image14

ルート計画

image15

仮想プラン: 派生ビューの実行がデータソースに完全にプッシュダウンされた場合に実行トレースに表示されるノード。

image16

SELECT INTO クエリのルートノード。クエリの結果がマテリアライズドテーブルに挿入されたことを示します (『VQL ガイド』の「 マテリアライズドテーブル 」を参照)。

image17

データ移動。ビューから取得したデータが「一時的」に別のデータソースに挿入されたことを示します。データ移動の最適化については、「 データ移動 」を参照してください。

image18image19

JDBC データソースと基本ビュー

image20image21

ODBC データソースと基本ビュー

image22image23

多次元データソース

image24image25

Web サービスデータソース (SOAP)

image26image27

XML データソース

image28image29

JSON データソース

image30image31

DF データソース

image32image33

WWW データソース (ITPilot)

image34image35

LDAP データソース

image40image41

BAPI データソース (SAP ERP)

image42image43

カスタムデータソース (カスタムラッパー)

image44image45

ストアドプロシージャ

Color code of the nodes of the execution trace

実行トレースのノードの色コード

次の表に、クエリの実行トレースのノードの「State」属性が取り得る値のリストを示します。

クエリの実行トレースのノードの「State」属性の値

ステータス

意味

INIT

クエリが開始しましたが、ノードは結果の処理を開始していません。

PROCESSING

現在、ノードは下位ノードで生成された結果を処理しています。

STOPPED

実行はユーザーによってキャンセルされました。

OK

ノードの実行が正常に完了しました。

ERROR

クエリの実行中にエラーが発生しました。

THREAD_TIMEOUT

サーバーがスレッドプールにスレッドを要求しましたが、スレッドを取得する前にタイムアウトになりました。

[Administration] > [Server configuration] メニューの [Thread Pool] ダイアログでスレッドのタイムアウトを増やすことができます。

TOO_MANY_WORKS_TIMEOUT

サーバーが最大スレッド数に達しました。

[Administration] > [Server configuration] メニューの [Thread Pool] ダイアログで最大スレッド数を増やすことができます。

PARSE_ERROR

入力データの解析中にエラーが発生しました。たとえば、クエリで JSON 基本ビューが使用されていますが、入力 JSON ドキュメントが整形式ではありません。

INVALID_ROUTE

データソースのコネクション詳細が無効です。

CONNECTION_ERROR

ソースへの接続試行中にエラーが発生しました。たとえば、ビューが Web サービスの基本ビューに対してクエリを実行していますが、Web サービスのサーバーに接続できません。

QUERY_TIMEOUT

クエリがタイムアウトになりました。

Virtual DataPort サーバーのすべてのクライアントがクエリのタイムアウトを設定します。これは、JDBC/ODBC 経由で Virtual DataPort に接続するクライアントと Administration Tool に接続するクライアントに適用されます。

Administration Tool のクエリタイムアウトを変更するには、[Tools] > [Admin Tool preferences] メニューの [Connection] タブを開きます。

JDBC クライアントまたは ODBC クライアントのクエリタイムアウトの変更方法については、『開発者ガイド』の「JDBC 経由でのアクセス」および「ODBC 経由でのアクセス」を参照してください。

LICENSE_QUERY_TIMEOUT

クエリが Denodo Platform の現在のライセンスによって設定されているタイムアウトに達しました。

ROW_LIMIT_REACHED

実行は正常に完了しましたが、結果セットの一部の行が返されていません。その理由は、クエリに LIMIT 句が含まれているか、[Execute view] ダイアログで [Stop query when the limit is reached] チェックボックスをチェックしてクエリが実行されているためです。

ENOUGH_ROWS_RETRIEVED

リクエストを完了するためにこのノードの行はこれ以上不要なので、ノードが停止しました。

INTERFACE_NOT_IMPLEMENTED

実装ビューが割り当てられていないインターフェイスビューがクエリで使用されているので、クエリが失敗しました。

INCOMPATIBLE_QUERY_VIEW

選択されたクエリが結果を返さないことを簡素化エンジンが検出したため、このノードは実行されませんでした。

CACHE_LOAD_ERROR

キャッシュロードプロセスはエラーが発生して終了しました。