JMS コネクションの詳細: JNDI プロパティ

この付録では、JMS リスナーを構成するか、または SOAP over JMS を有効にして Web サービスを公開し、JMS サーバーに接続できるようにするために必要な構成値について説明します。

注釈

初めて JMS リスナーを作成する場合、または初めて SOAP over JMS オプションを有効にして Web サービスを公開する場合、JMS サーバーのクライアント jar をインストールする必要があります。その方法については、『インストールガイド』の「 JMS コネクターをインストールしての、SOAP Over JMS を使用する JMS リスナーと Web サービスの作成 」を参照してください。

Apache ActiveMQ 5.6.0

デフォルトのインストールのプロパティは以下のとおりです。

Apache Active MQ のデフォルト値

プロパティ

プロパティ値

JNDI Provider URL

tcp://acme:8161

Broker URL

tcp://acme:61616

IBM WebSphere MQ 7.0

デフォルトのインストールのプロパティは以下のとおりです。

IBM WebSphere MQ のデフォルト値

プロパティ

プロパティ値

Host

acme

Port

1414

Channel

SYSTEM.DEF.SVRCONN

Queue Manager

QM_acme

Progress SonicMQ 8.0

デフォルトのインストールのプロパティは以下のとおりです。

Progress SonicMQ のデフォルトの JNDI プロパティ

JNDI プロパティ名

プロパティ値

java.naming.provider.url

acme:2506

java.naming.factory.initial

com.sonicsw.jndi.mfcontext.MFContext Factory

transport.jms.ConnectionFactoryJNDIN ame

ConnectionFactory

: このコネクションファクトリー名は、SonicMQ の JNDI サービスで定義されている必要があります。