MDX クエリの結果のマッピング

多次元基本ビューはグラフィカルに作成することが推奨されますが、MDX クエリを使用して作成することもできます。

SQL がリレーショナルデータベース用のクエリ言語であるように、MDX (多次元式) は多次元データベース用のクエリ言語です。

MDX クエリの結果は によって形成されます。軸は、多次元構造の ディメンション に似ています。

Virtual DataPort では、ON COLUMNS 軸の各値に対応するフィールドを 1 つずつ、および ON ROWS 軸の各ディメンションに対応するフィールドを 1 つずつ作成することによって、これらの軸をリレーショナル構造にマッピングします。ON ROWS 軸のディメンションが階層的である場合、このディメンションの各レベルに対応する列が 1 つずつ存在します。

注釈

Virtual DataPort は、ONROWS 軸と ONCOLUMNS 軸を使用する MDX クエリのみをサポートします。

警告

MDX クエリには、結果に出現するレベルの親レベルのメンバーを含める必要があります。そうしないと、間違った結果になる可能性があります。

MDX クエリのサンプル
SELECT
    [Measures].MEMBERS ON COLUMNS,
    NON EMPTY CROSSJOIN ([Region].MEMBERS, [Time].MEMBERS) ON ROWS
FROM [$Sales]