Microsoft Web パーツとしてのエクスポート

注釈

ビューをウィジェットとして公開する機能は非推奨であり、Denodo Platform の今後のメジャーバージョンで削除される可能性があります。

非推奨のすべての機能のリストについては、「 Features Deprecated for Denodo Platform 8.0 」のセクションを参照してください。

ウィジェットを Microsoft Web パーツとしてエクスポートして、Microsoft Office SharePoint Server 2007 または Microsoft Office SharePoint Server 2010 にデプロイできます。

[Widgets Status Table] の [Export] 列で [Web Part] をクリックした場合、このウィジェットの補助 Web サービスの URL を入力する必要があります。このフィールドのデフォルト値は、サーバーに組み込まれている補助 Web コンテナーのパスです。したがって、補助 Web サービスをこの組み込み Web コンテナーにデプロイする場合は、デフォルト値で問題ありません。

[OK] をクリックすると、ビューの表示に必要な情報が設定された「webpart」ファイルと「xml」ファイルを含む zip ファイルが生成されます。

新しいファイルは、次の場所から取得できます。

  • URL: https://<host name of the Denodo server>:9090/export/<name of the widget>.zip

  • Denodo サーバーが動作しているホストの <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/webapps/export/<name of the widget>.zip ファイル