Active Directory または他の LDAP サーバーの問題のデバッグに役立つツール

Active Directory または他の LDAP サーバーによるユーザー認証に関連する問題をデバッグするには、以下のツールが役立ちます。

  • Microsoft Active Directory Explorer (Windows Sysinternals Active Directory Explorer)。これは、高度な Active Directory (AD) ビューワー/エディターです。AD Explorer を使用すると、AD データベースをナビゲートする、お気に入りの場所を定義する、ダイアログボックスを開かずにオブジェクトのプロパティや属性を表示する、権限を編集する、オブジェクトスキーマを表示する、保存や再実行が可能な高度な検索を簡単に実行する、といった操作を簡単に行うことができます。このツールは、Kerberos 認証の設定時に発生する可能性がある問題のデバッグに役立ちます。

  • JXplorer 。これは、クロスプラットフォームの LDAP ブラウザー/エディターです。汎用の LDAP クライアントであり、標準 LDAP ディレクトリの検索、読み取り、および編集に使用できます。