Oracle

Oracle API を使用してデータ一括読み込みを実行するには、まず以下の手順を実行します。

  1. Oracle データベースでダイレクトパスロードを有効にします。ダイレクトパスロードを使用できるようにするには、Oracle のセットアップスクリプト catldr.sql を Oracle 管理者が実行する必要があります。これによって、ダイレクトパスロードの実行に必要なビューが Oracle に作成されます。このスクリプトは、ダイレクトパスロードを実行する Oracle インストール環境ごとに 1 回だけ実行すれば済みます。

    The documentation of Oracle has more information about direct path loads.

    重要

    データベースでこの機能を有効にできない場合、以下の手順を 続行しないでください 。Virtual DataPort でデータ一括読み込みを有効にしていても、Oracle でダイレクトパスロードが有効になっていないと、Oracle に通常の方法 (INSERT ステートメントの実行) でデータを挿入する場合よりもパフォーマンスが大幅に低下します。

  2. Oracle Database Client パッケージを以下の URL からダウンロードします (データベース全体のインストーラーをダウンロードする必要はありません)。

    Oracle 11g Release 2:

    1. If the Denodo server runs on 64-bit Windows: https://www.oracle.com/database/technologies/instant-client/winx64-64-downloads.html

    2. If the Denodo server runs on Linux: https://www.oracle.com/database/technologies/instant-client/linux-x86-64-downloads.html

    このページで「Oracle Database 11g Release 2 Client」を探します。

  3. Virtual DataPort サーバーを実行しているホストに、このパッケージをインストールします。

    インストールする際、インストールタイプとして [Administrator] を選択します。このインストールタイプであれば、データ一括読み込みに必要な sqlldr プログラムがインストールされるからです。

    インストーラーのオプションは、デフォルト設定で問題ありません。

  4. JDBC データソースを編集して、[Read & Write] タブをクリックします。[Use bulk data load APIs] をチェックして、[Sqlldr executable location] ボックスに sqlldr ファイルへのパスを入力します。このファイルは、Oracle Database Client のインストール先にあります。