Microsoft SQL Server

Microsoft SQL Server API を使用してデータ一括読み込みを実行するには、まず以下の手順を実行する必要があります。

  1. Virtual DataPort サーバーを実行しているホストに Microsoft Command Line Utilities for SQL Server をインストールします。

  1. Denodo サーバーを Windows 上で実行している場合は、 このパッケージ をダウンロードしてインストールします。

  2. Denodo サーバーを Linux 上で実行している場合は、使用しているプラットフォームに合わせた 手順 を実行します。

  1. JDBC データソースを編集して、[Read & Write] タブをクリックします。[Use bulk data load APIs] をチェックして、[Bcp executable location] ボックスに bcp ファイルへのパスを入力します。

    • Windows の場合: 「 c:\Program Files\Microsoft SQL Server\bcp.exe 」と入力します。

    • Linux の場合:「 /opt/mssql-tools/bin/bcp 」と入力します。

    注釈

    入力したファイルパスが存在することを確認します。システムによっては、上記とは別のパスに bcp がインストールされていることがあります。

選択したアダプターが jTDS アダプターでも Microsoft アダプターでも、このプロセスは同じです。