クラスターアーキテクチャ/サーバーバックアップ

Virtual DataPort は、クラスターアーキテクチャで動作して、高可用性と負荷分散を実現できます。

Virtual DataPort のクラスターアーキテクチャは、通常は以下のように動作します。

  1. 外部の負荷分散システムが、受信したリクエストを Virtual DataPort サーバーのプール間で分散します。

  2. 負荷分散システムが、特定のサーバーから応答がないことを検出します (いわゆる「サーバーの正常性チェック」を使用)。この場合、負荷は残りのサーバー間で分散されます。

  3. 応答がなかったサーバーが再び使用可能になると、クラスタリングシステムによって検出され (「正常性チェック」を使用)、そのサーバーがプールに追加されます。

Virtual DataPort では、クラスターアーキテクチャを簡単に構成できるように、以下の機能が提供されています。

  • 「Ping」スクリプト: Virtual DataPort サーバーのステータスをチェックします。製品によってはアプリケーションの「正常性チェック」を行う独自のデフォルト実装を備えていますが、この Ping スクリプトは、他のソリューションでは検出されない不具合状況を検出します。

  • 複製ユーティリティ: 特定の Virtual DataPort サーバーのメタデータと構成を他の Virtual DataPort サーバーのプールに自動的に複製します。このユーティリティを使用して、サーバーのメタデータのバックアップコピーをスケジュールすることもできます。

  • セーフシャットダウンモード: このモードに移行すると、サーバーは新しいコネクションを受け付けなくなり、現在のクエリがすべて完了するまでシャットダウンしません。これにより、外部クライアントに影響を及ぼさずに、サーバーをクラスターから削除できます。

以下のセクションでは、次の操作の方法について説明します。

  1. Denodo Tools (複数の Virtual DataPort サーバーのクラスターを構築するのに役立つ一連のツール) をインストールする (「 Denodo Tools 」を参照)

  2. Ping スクリプトを使用する (「 Virtual DataPort サーバーが稼働中かどうかの確認方法 」を参照)

  3. Virtual DataPort サーバーのメタデータをサーバーのグループに複製する (「 import/export スクリプトによるバックアップと複製 」を参照)