JSON ソース

新しい JSON データソースを作成するには、[Server Explorer] で右クリックして [New] > [Data source] > [JSON] の順にクリックします。

データソースを作成するためのダイアログが表示されます。

Creating a JSON data source

JSON データソースの作成

このダイアログでは、以下のデータを指定する必要があります。

  • Name: 新しいデータソースの名前。

  • Data route: データを収めた JSON ファイルへのパス。このパスは、補間変数を使用することで、作成したクエリに応じてパラメーター化できます (「 補間変数によるパスなどの値 」を参照)。使用可能なパスの形式と、そこでパラメーターを使用する方法については、「 Virtual DataPort でのパスの種類 」を参照してください。この場合に最も広く使用するパスのタイプは、 HTTP クライアント です。

  • Ignore route errors: チェックすると、データソースで参照されているファイルにアクセスしたときに発生したエラーが、Virtual DataPort サーバーによって無視されます。

    このオプションは、データソースで読み取るファイルが 1 つのみの場合に使用することを意図したものではありません。このオプションを使用する主な状況は、データソースが複数のファイルを参照していて、その一部は存在しない可能性があることがわかっている場合です。たとえば、 /opt/application/logs/log-^DateRange("yyyy/MM/dd",@start_date,@end_date,"yyyy-MM-dd").json をローカルパスとする一連のログファイルを読み込む JSON データソースを作成できます (DateRange 関数の詳細については、「 日付範囲を使用したパス 」を参照)。

    このデータソースから作成した基本ビューにクエリを実行すると、そのデータソースではすべてのログファイルを順番に読み取ります。たとえば、クエリで条件として start_date='2018/05/01' AND end_date = '2018/05/04' を指定した場合、データソースは log_2018-05-01.json、log_2018-05-02.json、log_2018-05-03.json、および log_2018-05-04.json の各ファイルを読み取ろうとします。これらのファイルのいずれかが存在しない場合、このクエリは失敗します。

    このエラーを無視する場合は、[Ignore route errors] チェックボックスをチェックします。このようにすると、ファイルのいずれかが存在しない場合や読み取ることができない場合、そのファイルは無視され、次のファイルが読み取られます。管理ツールからこのクエリを実行すると、読み取ることができなかったファイルを [Execution trace] で特定できます。そのためには、このトレースで、「 Type = Route 」と表示されているノードをクリックします。読み取ることができなかったファイルには、 Exception 属性の後にエラーメッセージが表示されています。

[Metadata] タブでは、データソースの格納先フォルダーと説明を設定できます。

データソースを編集する際、 image1 ボタンをクリックすると、その所有者も変更できます。

[Save] をクリックして、データソースを作成します。


データソースを作成した後、[Create base view] をクリックして、基本ビューの作成を開始します。[Configure JSON Wrapper] ダイアログが表示され、JSON ドキュメントの一部にのみアクセスする場合は、このダイアログで基本ビューの「タプルルート」を変更できます。

[JSON root] チェックボックスをチェックしたままにして [Ok] をクリックすることが推奨されます。

Creating a JSON base view

JSON の基本ビューの作成

データファイルへのパスに補間変数を使用している場合、それらの変数の値を指定するための中間ステップがあります。「 補間変数によるパスなどの値 」を参照してください。

このステップの後、新しい基本ビューのスキーマが表示されます。この段階で、以下の処理が可能です。

  • ビューの名前を変更する。

  • 各フィールドの名前をダブルクリックして変更し、その型を右側のドロップダウンリストから選択する。

  • 新しいビューのプライマリキーを設定する (「 ビューのプライマリキー 」を参照)。

  • [Metadata] タブで基本ビューの格納先フォルダーを設定し、その説明を記述する。

  • 基本ビューを編集する際、 image1 ボタンをクリックして、その所有者を変更する。

次に、[Save] (image3) をクリックして、基本ビューを作成します。

[Server Explorer] で新しい基本ビューのスキーマを表示するには、そのビューをダブルクリックします (「 派生ビューの作成 」を参照)。基本ビューを変更するには [Edit] をクリックします。