変数によるパス

ソースからデータを取得するのではなく、データソースの基本ビューを指定したクエリの WHERE 句でクライアントからデータが提供される場合は、このパスを使用します。

このタイプのパスを使用するには、変数の名前を指定する必要があります。このタイプのパスにあるデータソースから作成されたすべての基本ビューには、この変数を表すフィールドが追加されています。

以下のことを想定します。

  • [Data route] に [From Variable] を指定して DF データソースを作成し、変数の名前を「variable_with_data」とします。[Column delimiter] には「,」を指定し、[Header] チェックボックスをチェックします。

  • [Create base view] をクリックします。ここで、Virtual DataPortサーバーがデータのスキーマを推測できるように、変数 variable_with_data の値を指定する必要があります。以下に例を示します。

    REGION,SALES,ACTIVITY
    NORTH,20000,75%
    SOUTH,51000,79%
    WEST,12000,72%
    
  • 以降は、このビューにクエリを実行するクライアントでは、そのたびにクエリの WHERE 句でこの変数の値を指定する必要があります。以下に例を示します。

    SELECT region, sales, activity
    FROM bv_df_view_from_data
    WHERE input_variable_with_data = 'REGION,SALES,ACTIVITY
    NORTH,20000,75%
    SOUTH,51000,79%
    WEST,12000,72%';