ソース更新

[Source Refresh] オプションは、基盤となるデータソースでの変更を反映して基本ビューを更新します。基本ビューを更新するには以下の手順に従います。

  1. [Server Explorer] で基本ビューをダブルクリックします。

  2. [Edit] をクリックします。

  3. [Source Refresh] (image0) をクリックします。

差異を示すダイアログが表示されます。

Source Refresh: “Refresh base view” dialog

ソース更新: [Refresh base view] ダイアログ

このダイアログはスキーマの各フィールドごとに 1 行を表示し、タイプ、説明、フィールドの NULL 可能性、およびフィールドがビューのプライマリキーに属するかどうかの情報を提示します。

差異は 4 種類に色分けされます。

  • 新しいフィールド (緑色)。

  • 削除されたフィールド (灰色)。

  • ソースで確認された変更 (赤色)。この分類は、ビューに影響を与える可能性がある変更がソースで確認された場合に発生します。

  • ユーザーによる変更 (オレンジ色)。この分類は、現在のビューがソースのビューと一致しないが、ソースの変更は確認されなかった場合に発生します。そのほとんどが、過去にユーザーがビューを変更したために生じる差異です。

ソースで確認された変更とユーザーによる変更については、ダイアログ上でどちらのバージョンのビューを保持するかを指定できます。

[Keep all with current info] ボタンをクリックすると、ソースからの変更をインポートせず、現在のバージョンのビューを維持します。

[Override all with source info] ボタンをクリックすると、ビューをリセットし、ソースを用いてゼロから作成した状態に戻します。

フィールドの追加・削除の変更は、常に保存されます。

変更が承認されると、必要に応じて依存関係にあるビューにも変更が波及します。

基本ビューの変更が他のビューに影響を及ぼす場合は、管理ツールによって開くダイアログに、影響を受けるビューのリストが表示されます。基本ビューの変更が反映されるようにするビューを選択するには、各ビューの名前の左にあるチェックボックスをチェックします (ヘッダーのチェックボックスをチェックすると、リストにあるすべてのビューが選択されます)。

変更を受け入れた後、正しくない状態のビューが、[Server Explorer] に image1 アイコンで表示されます。