Web ソース (WWW)

Web データソースでは、Denodo ITPilot Wrapper Generator Tool を使用して作成したラッパーが使用されます。

注釈

これらのソースを使用できるのは、Denodo ITPilot がインストールされている場合のみです。

新しい Web (WWW) データソースを作成するには、[Server Explorer] で右クリックして [New] > [Data source] > [WWW] の順にクリックします。

このダイアログで、ITPilot Wrapper Generator Tool を使用して生成した VQL ファイルへのパスを指定する必要があります。Wrapper Generator Tool から Virtual DataPort に Web ラッパーを直接デプロイすることもできます。

[Metadata] タブでは、データソースの格納先フォルダーと説明を設定できます。

データソースを編集する際、 image0 ボタンをクリックすると、その所有者も変更できます。

Importing a WWW VQL

WWW VQL のインポート

[Save] をクリックして、VQL ファイルの VQL ステートメントを実行すると、ITPilot ラッパーが作成されます。次に、[Create base view] をクリックすると、ダイアログが開いて、新しいビューのフィールドが表示されます。ここで、基本ビューとそのフィールドの名前を変更できます。[Metadata] タブで [Browse] をクリックして、新しい基本ビューを保存するフォルダーを選択します。

[Save] ボタンをクリックして、基本ビューを作成します。

[Pass-through session credentials] がチェックされた入力パラメーターが ITPilot ラッパーに 2 つある場合、デフォルトでは、これらのフィールドは基本ビューに追加されません。代わりに、実行時に Virtual DataPort サーバーによって、ビューにクエリを実行したユーザーのユーザー名とパスワードがこれらのパラメーターの値として設定されます。

WWW データソースを作成すると、それを編集して [Pass-through session credentials] チェックボックスのチェックをはずすことができます。この変更の後、このデータソースから作成したビューのスキーマには、それら 2 つのフィールドが追加されています。