積結合ビューの作成

積結合ビューは、複数の入力ビューに共通で存在する行を選択する積結合操作を実行します。各入力ビューは、互いに他のデータベースに属していてもかまいません。

たとえば、以下の内容を持つ 3 つのビューがあるとします。

View_A

A

B

1

a

2

b

4

d

View_B

A

B

1

a

2

b

6

f

View_C

A

B

2

b

5

e

6

f

「View_A」、「View_B」、および「View_C」から積結合ビューを作成し、この新しいビューにクエリを実行すると、以下の結果が得られます。

View_A Intersect View_B Intersect View_C

A

B

2

b

このビューにクエリを実行した結果は、3 つの入力ビューに共通で存在する行です。

新しい積結合ビューを作成するウィザードは、和結合ビューのウィザードとほとんど同じです (「 和結合ビューの作成 」を参照)。

積結合ビューを作成するには、[File] > [New] メニューで [Intersect] をクリックするか、[Server Explorer] で右クリックして [New] メニューで [Intersect] をクリックします。

[Intersect view] ダイアログが開き、[Server Explorer] で現在選択している 1 つまたは複数のビューが追加されます。さらにビューを追加するには、[Model] タブをクリックして、追加するビューを [Server Explorer] からこのタブにドラッグします。

重要

積結合ビューのすべての入力ビューは、フィールド数が同じであることが必要です。

[Intersect view] ダイアログには、以下の 6 つのタブがあります。

  1. Model: 入力ビューをこのタブにドラッグして、それらのフィールドを関連付けます。同じ名前のフィールドはウィザードによって自動的に関連付けられますが、それ以外のフィールドは手動で関連付ける必要があります。

    入力ビューの すべて のフィールド間にアソシエーションを追加する必要があります。

    [View order] ボックスで、積結合の実行順序を指定する必要があります。ビューの順序はクエリの結果に影響しませんが、そのパフォーマンスには大きく影響することがあります。

    たとえば、ビューの順序が View_a View_b View_c であれば、まず View_aView_b の積結合が実行され、その中間結果と View_c の積結合が実行されます。

    ビューの順序が View_a (View_b View_c) であれば、まず View_bView_c の積結合が実行され、その中間結果と View_a の積結合が実行されます。

    このタブで「ビューパラメーター」を追加できます。詳細については、「 派生ビューのパラメーター 」を参照してください。

  2. Associations: フィールド間のアソシエーションのリストが表示されます。アソシエーションを削除するには image0 をクリックします。

  3. Where Conditions: ビューの定義に WHERE 条件を追加できます。

  4. Group By: ビューに GROUP BY フィールドを追加できます。

  5. Output: ビューの出力を構成できます。具体的には、ビューとそのフィールドの名前の変更、派生属性の追加などができます。

  6. Metadata: 新しいビューの格納先フォルダーと説明を定義できます。

[Where Conditions]、[Group By]、[Output]、および [Metadata] の各タブの動作は [Union view] ダイアログの場合と同じです。使用方法の詳細については、「 和結合ビューの作成 」を参照してください。

Creating an intersection view with three input views

3 つの入力ビューからの積結合ビューの作成