マテリアライズドテーブル

Virtual DataPort の マテリアライズドテーブル は、特殊なタイプの基本ビューです。このテーブルのデータは、外部データソースではなく、データがキャッシュされるデータベースに格納されます。他のタイプのビューとは異なり、そのスキーマとデータは Virtual DataPort から完全に管理されているので、その構造が外部ソースに依存しません。

マテリアライズドテーブルを作成してデータを挿入する方法については、『VQL ガイド』の「 Materialized Tables 」を参照してください。

注釈

マテリアライズドテーブルを作成する前に、キャッシュエンジンを有効にします。そのためには、「 キャッシュの構成 」で説明している手順に従います。

注釈

リモートテーブル 機能を使用してクエリの結果をマテリアライズすることもできます。これは ETL のように扱うことができ、キャッシュだけでなく、あらゆるデータソースにデータを保持できます。