データベースの作成

ここでは、Virtual DataPort でデータベースを作成する方法について説明します。

ユーザーを認証する方法に応じて、以下の 2 種類のデータベースがあります。

  1. 通常認証: データベースは Virtual DataPort のアクセス制御に依存します。つまり、Virtual DataPort にアクセスするユーザーは、Virtual DataPort で作成されたユーザーである必要があります。「 通常認証を使用するデータベースの作成 」を参照してください。

  2. LDAP 認証: データベースは、ユーザーの認証を LDAP サーバーに委任します。「 LDAP 認証を使用するデータベースの作成 」を参照してください。

注釈

クライアントが Kerberos 認証を使用して Virtual DataPort に接続するときは、データベースの認証タイプは重要ではありません。この場合、ユーザーに付与される権限は、Kerberos 構成ダイアログで選択された LDAP サーバーから取得された、このユーザーのロールに依存するためです (「 Virtual DataPort サーバーでの Kerberos 認証の設定 」を参照)。

どちらのタイプのデータベースでも、以下の設定を構成できます。

  1. Unicode ID のサポートを有効/無効にする

  2. コストベースの自動最適化 を有効/無効にする

  3. クエリの自動簡素化 を有効/無効にする

  4. サマリー書き換えによる最適化 を有効/無効にする

これらのいずれかのオプションで [Default] を選択した場合、データベースでは常に、この Virtual DataPort サーバーで構成されている 現在の値 が使用されます。たとえば、データベースで「コストベースの自動最適化」をデフォルトに設定し、この機能をグローバルに無効にした場合 (この機能のグローバル値は [Administration] > [Server configuration] メニューの [Queries Optimization] ダイアログで確認)、このデータベースでもこの機能が無効になります。後でこの機能をグローバルに有効にすると、このデータベースでも有効になり、データベースの固有の構成を変更する必要はありません。

ODBC/ADO.net クライアントで Kerberos 認証を有効にするには、[ODBC/ADO.net authentication type] を [Kerberos] に設定します。

重要

これを実行した場合、このデータベースに接続する ODBC/ADO.net クライアントは Kerberos 認証のみを使用できます。ログインまたはパスワードによる認証は拒否されます。

通常認証を使用するデータベースの作成

通常認証を使用するデータベースを作成するには、[Administration] メニューで [Database management] をクリックします。このダイアログで [New database] をクリックします。以下のデータを入力するよう求められます (「 Creating a new database with "Normal" authentication type 」を参照)。

  • Name: データベースの名前。

  • Description: データベースの説明 (オプション)。

  • Identifiers charset: [Default] を選択した場合、サーバー全体に対して構成されている設定がデータベースで使用されます (「 ID の文字セット 」を参照)。

  • Authentication type: [Normal] を選択します。

  • [OK] をクリックするとデータベースが作成されます。

ユーザーがこのデータベースに接続を試みると、Virtual DataPort はそのユーザーの資格情報を、Virtual DataPort で作成されたユーザーの「リスト」で確認します。リストのユーザーは、[User Management] ダイアログで作成されたユーザーです (「 ユーザーの作成 」を参照)。

Creating a new database with "Normal" authentication type

「通常」認証タイプを使用する新規データベースの作成

LDAP 認証を使用するデータベースの作成

LDAP 認証を使用するデータベースは、ユーザーの認証を LDAP サーバーに委任します。 通常 認証より優れている点は、Microsoft Windows Active Directory などの LDAP サーバーを利用してユーザーを認証するため、ユーザーとその権限の管理を簡素化できる点です。LDAP 認証を使用するデータベースの作成方法の詳細については、「 LDAP 認証 」を参照してください。