ユーザーの作成

ユーザーを作成するには、[Administration] メニューで [User management] をクリックして、このダイアログで [New user] をクリックします。

このダイアログでは、以下を指定する必要があります (「 Creating a normal user 」を参照)。

  • Loginpassword: 新しいユーザーのログインとパスワード。

    注釈

    ログインには、英字、数字、およびアンダースコアのみを使用できます。

  • Description: 新しいユーザーの説明 (オプション)。

  • User type: ユーザーのタイプとして [Administrator] または [Normal] (管理権限を持たないユーザー) を指定できます。

    注釈

    管理者ユーザーは、サーバーの任意のデータベースに対して 任意 のアクションを実行できます。

    注釈

    [Authentication type] が [LDAP] であるデータベースに対する権限を [Normal] ユーザーに割り当てることはできません。これらのデータベースでは、ユーザーのロールの名前はLDAP サーバーから取得されるためです。

  • Authentication type: 通常のユーザーとパスワード ([Normal] オプション)、または Virtual DataPort に登録されている LDAP サーバー (LDAP サーバーの登録方法については、「 LDAP ソース 」を参照) でユーザーを認証することができます。入力するデータは、選択したオプションによって異なります。

    • Normal: 新しいユーザーのパスワードを指定する必要があります。

    • LDAP: 以下を指定する必要があります (「 Creating a normal user 」を参照)。

      • LDAP data source: [Database] で選択可能なデータベースを使用して、必要な LDAP サーバーが登録されているデータベースを選択します。選択したら、[Data source] ドロップダウンを使用して LDAP データソースを選択します。

      • LDAP user: LDAP サーバー内のユーザーの名前。たとえば、値 cn=test,ou=People,dc=denodo,dc=com は、ドメイン denodo.com の組織単位 People に所属する test ユーザーであることを示しています。

重要

ユーザーの LDAP 認証は、LDAP 認証を使用するデータベースとは異なります。ユーザーの [Authentication type] が [LDAP] である場合、LDAP サーバーは、ユーザーが入力したパスワードが正しいことを確認する目的にのみ使用されます。このユーザーの権限は引き続き Virtual DataPort によって管理されます。LDAP 認証を使用するデータベースでは、LDAP サーバーからユーザーのロールが取得され、そのロールに割り当てられている権限がユーザーの権限になります。

注釈

LDAP 認証を使用したユーザーの作成はお勧めできません。代わりに、LDAP 認証でデータベースを作成することで、ユーザーやユーザー権限の管理が容易になります。このタイプのデータベースの詳細については、「 LDAP 認証を使用するデータベースの作成 」のセクションを参照してください。

Creating a normal user

一般ユーザーの作成

注釈

LDAP データソースがカスケード方式で削除された場合は (「 SOAP Web サービスソースのインポート 」を参照)、そのデータソースと依存関係を持つユーザーも削除されます。この操作は管理者ユーザーだけが実行できます。

Creating an LDAP user

LDAP ユーザーの作成