サーバーメタデータのエクスポートとインポート

サーバーのメタデータは、バックアップ目的で、または別の Virtual DataPort サーバーで同じメタデータを再作成する目的で、エクスポートできます。1 つの Virtual DataPort データベースまたは 1 つのエレメントのみのメタデータをエクスポートすることもできます。

エクスポートプロセスにより、メタデータを以下の場所に保存できます。

  • 単一ファイル。メタデータを再作成する VQL ステートメントが含まれます。

  • 2 つのファイル。一方にはメタデータを再作成する VQL ステートメントが含まれ、もう一方にはサーバーが動作する環境に依存するパラメーターの値が含まれます。

  • ファイルの リポジトリ 。エレメントを作成する VQL ステートメントが保存されたファイルが各エレメントに 1 つずつ存在します。このオプションは、Virtual DataPort でサポートされていないバージョン管理システムにメタデータを保存する場合にのみ使用します。サポートされている VCS のいずれかにメタデータを保存するには、Administration Tool の VCS 統合を使用します (「 バージョン管理システムの統合 」を参照)。

以下のセクションでは、次の操作の方法について説明します。