ユーザーレイヤー

ユーザーレイヤーは、クライアントアプリケーションと Virtual DataPort サーバーとの間のインターフェイスを実装します。したがって、その役割は、クライアントアプリケーションがサーバーとのコネクションを確立し、クエリを送信して結果を取得できるようにすることにあります。

また、論理レイヤーがクエリに応答を返すとき、この効果を実現するために定義されているコネクションインターフェイスを介して、このレイヤーがその応答をクライアントアプリケーションに返します。Denodo Virtual DataPort には、JDBC、ODBC、SOAP、REST、JSON、RSS の各 Web サービス (「 Web サービスの公開 」を参照)、JSR-168/286 ポートレットと Microsoft Web パーツ (「 ウィジェットとしてのビューの公開 」を参照)、および RESTful Web サービス (「 RESTful アーキテクチャ 」を参照) を介してアクセスできます。