拡張機能のインポート

以下のエレメントのいずれかをインポートするには、[Extensions management] ダイアログを使用します。

このダイアログを開くには、[File] > [Extension Management] メニューをクリックします。次に、インポートするエレメントに応じて、以下のどちらかのタブに移動します。

  • [Extensions] タブ: Denodo ストアドプロシージャ、カスタム関数、カスタムラッパー、およびカスタムポリシーをインポートします。

  • [Libraries] タブ: 上記以外のリソースをインポートします。

拡張機能をインポートすると、ファイルは、接続している Virtual DataPort インストール環境にアップロードされます。さらに、 外部データベースにカタログを保存 するように Virtual DataPort を構成した場合、拡張機能もこのデータベースに保存され、同じデータベースを共有する各 Virtual DataPort サーバーが使用できるようになります。

JDBC ドライバーのインポート

JDBC ドライバーをインポートするには、以下の手順に従って実施してください。

  1. [File] メニュー > [Extensions management] をクリックします。

  2. [Libraries] タブをクリックして、[Import] をクリックします。

  3. 新しいダイアログの [Resource type] で、[jdbc] を選択します。

  4. [Version] で、アップロードするドライバーを選択します。たとえば、MySQL 5 のドライバーをアップロードする場合は [mysql-5] を選択します。

  5. [Add] をクリックして、ファイルを 1 つまたは複数選択します。複数のファイルを選択するには、Ctrl キーを押しながら各ファイルを選択します。

  6. [Ok] をクリックして、ファイルを Virtual DataPort にアップロードします。

リストに含まれないデータベース用の JDBC ドライバーのインポート

時には、専用のアダプターがないデータベースに接続する必要性が生じることもあります。

  1. Denodo がアダプターを提供していないデータベースに接続する場合 (Generic JDBC アダプターを使用する必要があります)。

  2. あるいは、Denodo がアダプターを提供しているが、バージョンが古い場合。この場合、新しいドライバーをインポートする必要があるかどうかは、データベースの種類によります。たとえば、Oracle の場合は古いバージョンのドライバーを使用して新しいバージョンに接続できます。しかし、その他のデータベースでは新しいバージョンのドライバーを使用する必要があります。

この場合、次の手順に従ってください。

  1. [File] メニュー > [Extensions management] をクリックします。

  2. [Libraries] タブをクリックして、[Import] をクリックします。

  3. 新しいダイアログの [Resource type] で、[jdbc_other] を選択します。

  4. [Custom version] にドライバーの名前を入力します。JDBC データソースの構成時にダイアログでこの名前を選択することになります。例: 「mysql-8」

  5. [Add] をクリックして、ドライバーのファイルを 1 つまたは複数選択します。複数のファイルを選択するには、Ctrl キーを押しながら各ファイルを選択します。

  6. [Ok] をクリックして、ファイルを Virtual DataPort にアップロードします。

  7. データソースを開きます。すでに開いている場合は、一度閉じてから開き直してドライバーのリストを更新してください。

  8. JDBC データソースを構成する際に、[Database adapter] で次の項目を選択します。

    1. Denodo がアダプターを提供していないデータベースに接続する場合は、[Generic] を選択します。

    2. このリストに含まれているバージョンより新しいバージョンのデータベースに接続するには、そのデータベースの最新のアダプターを選択してください。

    その後、[Driver class path] でアップロードしたドライバーを選択します。

他のタイプのエレメントのインポート

[Import resources] ダイアログ ([Libraries] タブ) の [Resource type] リストで選択できるオプションを以下に示します。

  • jdbc: Denodo にコネクターのみ含まれ、その JDBC ドライバーは含まれていないデータベース向けの JDBC ドライバーを表します。

  • jdbc_other: このダイアログのリストに含まれていないデータベース向けまたはそのバージョンがリストに含まれていないデータベース向けの JDBC ドライバーを表します。[Custom version] にも値を入力する必要があります。

  • essbase: Oracle Essbase 向けドライバーをインポートします。

  • jar: JDBC ドライバー ではない jar ファイルをインポートします。

    注釈

    カスタム関数、カスタムポリシー、カスタムラッパー、または Denodo ストアドプロシージャをインポートするには、[Extensions] タブを使用します。拡張機能が他の jar に依存している場合、(拡張機能自体ではなく) 依存関係を「jar」型のエレメントとしてアップロードします。

  • Library: 「dll」ファイルまたは「so」ファイルをインポートします。

  • sapjco: SAP Java Connector (JCo) のファイルをインストールします。

  • vault: 資格情報保管方法 に必要なファイルをインポートします。

スクリプトを使用した拡張機能のアップロード

拡張機能をアップロードする手段としては、Administration Tool の他にもスクリプト <DENODO_HOME>/bin/importResources を使用できます。このスクリプトを使用すると、複数の Virtual DataPort サーバーに拡張機能 (例: JDBC ドライバー) をアップロードするプロセスを自動化できます。

注釈

メタデータを外部データベースに保存するように Virtual DataPort を構成していない場合は、スクリプトを実行する前に Virtual DataPort を停止することをお勧めします。

「importResources」スクリプトの構文
importResources -t resource-type [-v resource-version] -p path-to-resource

importResources --type <resource-type>
                [--version <resource-version>]
                --path <path-to-resource>

パラメータ --type--version (該当する場合のみ) で以下のオプションを使用できます。

  • essbase: Oracle Essbase 向けドライバーをインポートします。利用可能なバージョンは「11」と「9」です。

  • jar: jar ファイルをインポートします。

  • jdbc: Denodo がコネクターを提供しているが、JDBC ドライバーは提供していないデータベース向けの JDBC ドライバーをインポートします。パラメータ --version に既知のドライバーを指定する必要があります。例: 'mysql-5'

  • jdbc_other: このダイアログのリストに含まれていないデータベース向け、またはそのバージョンがリストに含まれていないデータベース向けの JDBC ドライバーをインポートします。パラメータ --version にカスタムバージョン名を指定する必要があります。

  • kerberos: Keytab ファイルをインポートします。パラメータ --versionkeytab を指定してキータブファイルをインポートするか、 krbconf を指定して Kerberos によるサーバー認証用の構成ファイルをインポートする必要があります。

  • Library: 「dll」ファイルまたは「so」ファイルをインポートします。

  • sapjco: SAP Java Connector (JCo) のファイルをインストールします。

  • vault: 資格情報保管方法に関連した拡張機能をインポートします。パラメータ --version を指定する必要がありますが、現在サポートしているのは cyberark のみです。

importResources スクリプトのパラメータ

パラメータ名

説明

-t

--type <resource-type>

インポートするリソースのタイプ

-v

--version <resource-version>

インポートするリソースのバージョンまたはタイプ

-p

--path <path-to-resource>

ファイルまたはディレクトリのパス。ディレクトリの場合、ディレクトリ内のファイルがすべてインポートされます。

例 1:

MySQL 5.x の JDBC ドライバーをアップロード

importResources --type jdbc --version mysql-5 --path /my-drivers/mysql/mysql-connector-java-5.1.49-bin.jar

例 2:

MySQL 8 の JDBC ドライバーをアップロード。Denodo が MySQL 8 用のアダプターをまだ提供していないため、「--type jdbc_other」を使用している点に注意してください。このスクリプトはフォルダ「/my-drivers/mysql/mysql-8/」内の全ファイルをインポートします。

importResources --type jdbc_other --version my-mysql-8 --path /my-drivers/mysql/mysql-8/

例 3:

Kerberos 認証用のキータブをアップロード

importResources --type kerberos --version keytab --path /my-kerberos-conf/denodo.keytab