はじめに

現代では、一定の重要性を持つ組織であれば、長い年月をかけて開発してきた多数のデータソースを利用しています。一般的に、これらのデータソースは、さまざまなテクノロジー (リレーショナルデータベース、Web サービス、XML ドキュメント、スプレッドシート、フラットファイルなど) と、互いに大きく異なるデータモデルを使用して開発され、構造化データと非構造化データの両方を抱えています。

クライアント向けの新しいサービスの開発や企業のビジネスプロセスの最適化には、継承されてきたこれらのデータリポジトリに保存されているデータを統合するように構築された新しいシステムが必要です。また、多くの場合、パートナー、プロバイダー、または顧客とやり取りするには、外部のデータソースへのアクセスが必要です。Web 自体も、多くのビジネス目的できわめて貴重な情報源です。

Virtual DataPort は、分散した異種混合の構造化データソースと半構造化データソースをリアルタイムで統合する グローバルソリューション です。そのために、以下に示すさまざまな機能を兼ね備えています。

  • 企業に関連するデータを、その発生元や形式に関係なく、統合および管理します。

  • それらのデータを、リアルタイムで、または構成可能なプリロード機能を使用してデータシステムに組み込みます。

  • 戦略的および機能的に高い価値を持つ分散情報サービスの構築を容易にします。

このマニュアルでは、Virtual DataPort を使用するための技術的な指針を提供します。