JMS リスナーを作成できるユーザー

ユーザーが JMS リスナーに関して実行できる操作は、ユーザーがローカルユーザーまたは LDAP ユーザーのどちらであるか、およびユーザーが管理者かどうかによって決まります。

  • 管理者ユーザー (ローカル管理者または serveradmin ロールを持つ LDAP ユーザー) は、JMS リスナーを作成して、[VDP user name] ボックスで任意のローカルユーザーを選択できます。

  • データベースの管理者は、JMS リスナーを作成して、[VDP user name] ボックスでこのデータベースに対する CONNECT 権限を付与されている任意のローカルユーザーを選択できます。このデータベースに対する CONNECT 権限を付与されている管理者以外のユーザーが少なくとも 1 つ存在する必要があることに注意してください。

  • 管理者ではない、CREATE 権限を付与されているローカルユーザーは、JMS リスナーを作成できますが、[VDP user name] ボックスで選択できるのは自分だけです。

  • 管理者ではない LDAP ユーザーは、JMS リスナーを作成できません。

[VDP user name] では、決して LDAP ユーザーを選択できないことに注意してください。